編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

PwCコンサル、業務プロセス最適化支援サービス--クラウドERPにRPAを実装

NO BUDGET

2017-01-31 12:28

 PwCコンサルティングは、ビジネスプロセス最適化支援サービスの提供を1月26日から開始した。クラウド型統合基幹業務システム(ERP)に判断業務を含む定型業務を自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を組み合わせることで、現場担当者の業務効率低下を防ぎ、ERPから提供されるデータの即時性と信頼性を高めていくもの。

 クラウド型ERPパッケージは、オンプレミス型と比較して導入期間や運用コスト、アクセスの利便性の点で強みがある。しかし実際の導入では、個々の企業が持つ特殊な業務要件への対応が難しい場合もあり、このことがユーザー企業の懸念材料となることが多い。

 今回のサービスでは、クラウド型ERPパッケージ導入後に残る定型的な人による入力作業、システム間をまたがった処理、簡易的な判断業務などをRPAを実装することで自動化する。ERPパッケージのベストプラクティスを活用し、自動化可能な業務範囲を拡大させていくことで組織全体の再編も含めた最適な人的資源の配置を実現していく。PwCコンサルティングは今後3年間で30社への導入支援を目指す。

RPAを利用した最適化のイメージ(PwCコンサルティング提供)
RPAを利用した最適化のイメージ(PwCコンサルティング提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]