編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
日本株展望

トランプが仕掛ける未知の「設備投資ブーム」に挑む

ZDNet Japan Staff

2017-01-27 13:32

今日のポイント

  1. 市場は一時、トランプ新大統領が打ち出す保護貿易策を不安視したが、米国の主要株式指数が史上最高値を更新したことを好感。日経平均も再び上値に挑戦する動きか
  2. 新大統領は「米国第一主義」を打ち出し、米国内での生産・雇用を拡大していく姿勢。内外企業による「設備投資ブーム」を想定するなら、日本企業にビジネスチャンスも
  3. FA(ファクトリーオートメーション)大手を中心とした設備投資関連株に注目。関連10銘柄の分散投資パフォーマンスを検証すると、市場平均(TOPIX)を上回り始めている

 これら3点について楽天証券経済研究所シニアグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国のビジネス環境は好転している

 トランプ新大統領が打ち出す保護主義・排他主義政策を巡る不安で揺れた市場だが、ダウ平均、S&P500指数、ナスダック総合指数など米国の主要株価指数が史上最高値を更新。投資家のリスクオン(選好)姿勢の改善が日本株の反発を促した。

 そもそも、米国の景況感は改善を続けており、フィラデルフィア連銀の製造業景況指数が回復傾向をたどるなか、中小企業経営者の楽観度も急上昇。NFIB(全米自営業連盟)によると、12月の「中小企業楽観指数」は105.8と、2004年末以来の高水準に達した(図表1)。

 米大統領選挙の結果を受け、中小企業による景気の先行き見通しが劇的に改善したことを示している。NFIBによると、中小企業経営者の中で、設備投資の拡大や採用継続を予定すると答えた企業が増加しており、新大統領が打ち出した景気刺激策への期待がうかがえる。大統領選挙を前に、投資や採用活動を先送りしていた企業は、共和党政権の誕生と景気刺激策への期待をテコに、今後経営姿勢を積極化させる可能性があると考えられる。

図表1:米国の製造業景況指数と中小企業楽観指数

(出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年1月))
(出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年1月))

「設備投資ブーム」がやってくる予兆

 米景気が回復基調にある中、トランプ次期大統領は「米国第一主義」を前面に打ち出し、国内での製造業強化と雇用増加(10年間で2500万人増)を目標に掲げている。ただし、米国発の保護主義・排他主義的な政策を巡る懸念も高まっている。

 新大統領は、内外企業がメキシコなど海外で生産した製品を米国に輸出することを批判しており、輸入製品に「国境税」(Border Tax)を課すことを主張している。こうした政策は、WTO(世界貿易機関)に違反する疑いがるますが、新大統領はNAFTA(北米自由貿易協定)など多国間貿易協定を見直す強硬姿勢を示し、あくまで自国の利益(米経済の成長と雇用の増加)を優先する方針だ。

 したがって、米国企業だけでなく、日本や欧州の企業も(メキシコなど)米国外での生産計画を再考し、米国での生産設備拡大や増設を発表する報道が目立つ。こうしたことから、米国で「設備投資ブーム」が盛り上がる可能性が高まっている。

 日米欧企業の余剰資金(内部留保などを含む)は総計で約680兆円(米国は約1.77兆ドル+欧州で0.921兆ユーロ+日本は約367兆円/出所:Moody’s Investors Service、日銀法人企業統計など)に及び、設備投資の拡充に向かう待機資金は豊富とみられる。

 既に米国に進出している企業を中心に、「設備投資関連銘柄」(設備投資の拡大から恩恵を受けそうな銘柄群)の株価パフォーマンスを検証すると、「年初来騰落率」も「3カ月騰落率」もTOPIX(市場平均)を凌駕している(図表2)。

 その背景として、業績予想が「2016年の不振を経て、2017年は好転(黒字転換もしくは増益率の加速)する見込み」である状況に注目だ。

図表2:設備投資関連の銘柄例(参考情報)


*予想増減益率は予想EPS(1株当り利益)の前年比伸び率、予想EPSはBloomberg集計による市場予想平均
*上記は参考情報であり、特定銘柄への投資を推奨するためのものではない。
(出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年1月26日))

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]