編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HPE、多要素認証「IceWall MFA Ver.4.0」を発表--アプリ改変なしでシステム認証を強化

NO BUDGET

2017-01-30 12:45

 日本ヒューレット・パッカードは1月27日、多要素認証基盤「IceWall MFA Ver.4.0」を2月20日から販売すると発表した。税別価格は190万円から。

 IceWall MFA Ver.4.0は、既存のウェブシステムに多要素認証機能を追加する。利用しているアプリケーションを改変する必要はない。アプリケーションの改変ができないクラウドサービスにも適用できる。

 認証要素としては、ワンタイムパスワード(OTP)、FIDO(Fast IDentity Online)、統合Windows認証、ブラウザトークンなどの方式の中から、要件に合致した方式を選択する。また、個々のシステムごとに認証方式の組み合わせを変えることができ、リモートアクセスにはOTP、社内ウェブシステムには生体認証を、といった使い分けが可能になる。

 OTPの標準規格であるOATHやFIDOに準拠した認証デバイスを利用可能。FIDOについては、同規格に基づいた生体認証環境構築サービスも展開する。

 プラグインアーキテクチャを搭載しており、指紋認証、虹彩認証などのサードパーティー各社が提供する認証方式との連携が可能だ。HPEでは、プラグイン開発のためのインターフェース仕様を近日公開し、サードパーティー各社との連携を図っていく。

 IceWall MFA Ver.4.0の販売に伴い、「認証技術開発センター」と「認証コンサルティング部」を新設した。これらの組織は、テクノロジコンサルティング事業統括に置かれ、技術者100人体制で活動する。具体的には、汎用製品では対応できない場合にカスタムソフトウェアを開発したり、認証の仕組みを構築する際、最適な設計、構築を行うためのコンサルティングを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]