編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF
Azure導入の勘所

Azure導入の勘所--費用対効果を最大化するクラウド移行 - (page 4)

村上愼一

2017-02-20 07:00

 簡単な例としてMicrosoftはメールシステムにExchangeというサーバ製品を提供しています。また、Office365の一部としてExchange OnlineというSaaSのサービスも提供しています。例えば、Exchange ServerをMicrosoftのIaaSサービスであるAzure上の仮想マシンに構築してメールサーバを使用できます。この場合、Windows Server OSからExchange Serverのインストール、設定、運用は利用者が担う必要があります。

 一方、Exchange Onlineサービスを使った場合は、利用者がExchange Onlineの契約(サブスクリプション購入)だけで、メールを使用できます。Windows Server OSやExchange Serverの設定、運用などは一切行う必要がなく、これらはMicrosoftが実施してくれます。

 コスト比較という観点では、Windows Server OSや、Exchange Serverの購入、導入、設定作業、運用費用などがSaaSを利用した場合、別途必要ではなくなります。これだけではなく、細かくはデータバックアップに関わる費用、災害対策費用などがExchange Onlineではそのサービス費用に包含されています。

 これらを積み上げた総保有コスト(TCO)という観点においては、IaaSでの実装とSaaSの利用では大きな差が生まれます。企業にとっては、極力SaaSを活用した方がTCOの観点においては望ましいです。

 では、全ての企業においてSaaSで提供されているシステムはSaaSを利用した方が良いかというと、そうは簡単にはいかないのが実情です。

 例えばメールシステムだけをとっても、コンプライアンス(法令)順守の観点からメールに関するログ情報の取得をするなど、SaaSでのサービスには採取できないログなどが存在しており、採取できないログの保管義務を負った企業では、SaaSの利用は適しません。

 その場合、IaaS上での実装またはオンプレミスで実装する必要があります。このようにTCOの観点からは企業にとってSaaSの利用は望ましいと言えますが、コンプライアンスやセキュリティ、または、使い勝手の観点からSaaS以外での実装利用を選択しなくてはいけません。

 その意味で、企業におけるクラウド活用には企業の要件(事業戦略、コンプライアンス、セキュリティ、etc…)に合わせて適切なサービスを選択するためのクラウド戦略が非常に重要となります。

 企業において、システムのクラウド化を進めていくためには、自社の既存システム、新規システムのビジネス戦略に基づく利用方法を踏まえ、明確なクラウド戦略を持つことが重要です。その上でクラウド上での実装における勘所を踏まえ、費用対効果を最大化できるクラウド移行のロードマップを書き上げることが企業におけるクラウドファーストの第一歩となるでしょう。

村上愼一
アバナード株式会社 ディレクター、クラウドマーケットユニットリード
クラウドビジネスを統括/担当して、クラウド関連サービスの提供に関する責務を担う。サーバ、ストレージ、ネットワークや仮想化、セキュリティー技術の精通しており、サンマクロシステムズやシスコシステムズ、シトリックスシステムズにて、国内エンタープライズ企業、自治体または通信事業者やグローバル企業の大規模システムやデータセンター、グローバルネットワークの設計、構築に関わってきた。また、シスコ社システムズやシトリックスシステムズのイベントやINTEROPなどの各種イベントにおける登壇の経験がある。2015年よりアバナードに参加。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]