編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

AWS、クラウドインフラ市場でシェア3割--Canalys

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-07 11:50

 調査会社Canalysによると、Amazon Web Services(AWS)はクラウドインフラ市場で3分の1のシェアを有しており、2~4位の大手競合他社の合計を上回るという。

 Canalysによる調査結果の計算では、AWSの世界市場におけるシェアが33.8%である一方、4位までにつけているMicrosoftとGoogle、IBMの3社の市場シェア合計は30.8%となっている。

 上位4社の後にはAlibabaとOracleがそれぞれシェア2.4%と1.7%で続いている。残りのシェアはより規模の小さな数々の企業によって占められている。


提供:Canalys

 Canalysの研究者らによると、世界における2016年第4四半期のクラウドインフラサービス市場は103億ドル(前年同期比49%増)に達した。2016年通年では381億ドルだったが、2017年には558億ドルに達する見込みだという。

 需要が引き続き堅調であることを受け、これらクラウド企業は自社データセンターの拡張計画を加速させている。Canalysによると、AWSは2016年に世界各地に11のアベイラビリティゾーンを新設した。それらのうちの4つは第4四半期にカナダと英国に設置されたものだ。IBMも英国に新たなデータセンターを設置し、世界全域で合計50のデータセンターを有するに至った。また、Microsoftも英国とドイツに新たな施設を追加した。

 GoogleとOracleは、アジア太平洋地域での成長の足場とするために、それぞれ日本と中国に初のインフラを設置した。一方Alibabaも、オーストラリアと日本、ドイツ、アラブ首長国連邦(UAE)の4カ所で新たなデータセンターを利用可能にしたと発表した。

 CanalysのリサーチアナリストであるDaniel Liu氏によると、データ主権に関する厳格な法律(個人情報は、その個人が居住する国に設置された物理サーバに格納しなければならない)の存在は、クラウドサービスプロバイダーがドイツやカナダ、日本、英国、中国、中東といった重要な市場にデータセンターを建設する必要があることを意味しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]