調査

オートメーションで英公共部門の職が大量に置き換えられる可能性?--英調査

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年02月07日 14時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国のシンクタンクが公開したレポートによると、自動化によって今後10~15年の間に英国の公共部門で25万人の職員が職を奪われ、さらに100万人以上が失職の脅威にさらされる可能性があるという。

 2016年中頃の時点で、英国の公共部門の職員数は約530万人だった。2009年の職員数は640万人だったが、以降減少を続けている。シンクタンクReformの報告書によると、公共部門が予測可能な仕事を自動化する方針を採用した場合、職員数は大幅に削減される可能性があるという。

 公共部門の一部では、自動化によって置き換え可能な下位の職員が大きな割合を占めているとReformの報告書「Work in Progess」は指摘している。

 「プライマリケア(一次診療)では、14人の臨床医に対して10人の受付係、そして、1人の総合診療医に対してほぼ1人の受付係がいる。セカンダリケア(二次診療)では、職員の18%が事務職に就いている。公務員の37%は事務職と定義される職務に就いている」(同報告書)

 研究者らによると、定型的な事務職の多くは96%もの確率で現行テクノロジによって自動化される可能性があると、この報告書には記されている。

 「その計算を現在の公共部門の数字に当てはめると、今後10~15年で、中央政府機関は職員数をさらに13万1962人減らして、2016~2017年の賃金総額を26億ポンド削減する可能性がある」(同報告書)

 英国民保健サービス(NHS)では、9万1208の事務職が自動化可能であると研究者らは推定しており、さらにプライマリケアの2万4000の職が削減対象となっている可能性があるという。削減可能な人員の合計は24万8860人となり、約40億ポンドを節約できる可能性があると記されている。

 影響を受ける実際の数字は、さらに大きくなる可能性もある。同報告書によると、反復的で予測可能な活動を行う事務職や作業職(例えば、デスクワークが主な事務的な職、清掃係のような労働など)も自動化が可能な段階に達してきているという。コンサルティング企業のDeloitteによると、公共部門にはそれに該当する職員が130万人いるという。

 公共部門の組織が、医療や教育などの仕事でいわゆるギグエコノミーの労働者を活用することの可能性についても、同報告者は触れている。

Work in Progess reform
提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算