調査

NTT データ、今後3年から10年後にインパクトを与える「技術トレンド」と「情報社会トレンド」を公表

NO BUDGET

2017-02-11 07:00

 NTT DATAは、1月27日、「NTT DATA Technology Foresight 2017」を公表した。このレポートは、情報社会を取り巻く大きな潮流とITのトレンドを示すもので、毎年、政治・経済・社会・技術の4軸で将来変化を捉え、今後3年から10年後にインパクトを与えると予測される「技術トレンド」と「情報社会トレンド」を示している。

 今回、「技術トレンド」としては、人工頭脳の浸透、対話型コンピューティング、環境認知ロボット、プレシジョンライフサイエンス、超臨場チャネルの獲得、IoT時代のセキュリティ、ITインフラの多様化とサービス化、コラボレーションデザインの9種が挙げられている。


ヒトとシステムの関係を軸にマッピングしたトレンド全体図
 

 また、「情報社会トレンド」としては、個の影響力拡大が社会の変革を促進する、オープンな連携が新たな社会のしくみを生み出す、進化する価値が既成概念の転換を促す、フィジカルとデジタルの融合が生活やビジネスの可能性を広げる、の5項目が挙げられた。

 NTT DATAでは、2017年版の特徴として、AI、ロボティクス、VR/ARといった昨今話題となっている技術に加え、サイバーセキュリティ、ライフサイエンス、コンピューターインフラなど、さまざまな分野を幅広く見据えたものになった、としている。

 同社は、個別の顧客単位でNTT DATA Technology Foresightを解説するセミナーや共創ワークショップを実施している。またグローバルでも、北米や欧州を中心に、現地子会社と連携を強化し、グローバル活用を本格化した。プライベートセミナーや共創ワークショップのほか、イベント展示や講演を行っており、活動の成果として、欧州では生体情報センシングデバイスやコミュニケーションロボットを用いたPoC/実証実験も開始している。

 また、金融分野のユーザーを対象に、NTT DATA Technology Foresightと並行して、金融版NTT DATA Technology Foresightも開始している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]