HPE Discover

顧客はマルチクラウドで正しいミックスを求めている--HPE - (page 3)

末岡洋子

2017-02-08 07:00

--Cisco対抗と言われるArista Networksとの提携は?

 Aristaは興味深いポジションにある。

 企業はハイブリッドITを望んでおり、アプリケーションを高速に開発したいと思っている。アプリケーションの開発、実装、プロビジョニングを高速化するにあたって最大の障害はコンピューティングでもストレージでもなく、ネットワークだ。

 クラウドのデータセンターで最も多く発生しているミスは、人間がネットワークを変更した時に犯したミスだ。ネットワークは現在でも手作業が多く、Aristaはここに自動化を持ち込もうとしている。ソフトウェアなので、拡張性もある。HPEのストレージとコンピュートを組み合わせ、「HPE OneView」が統合ポイントとなる。

 Aristaは現在チャネル展開しておらず、HPEのチャネルを活用できる。HPEの顧客にしてみれば、Aristaの技術を、簡単にすぐに利用できるということになる。

--クラウド時代のハードウェア企業の役割は何だと考えるか?

 ハードウェアは現在でも重要だ。アプリケーションが動くにあたってハードウェアが必要で、特に日本は今でも他の成長国に比べて、ハードウェアの重要性が高い。

 だがハードウェアも進化している。アプリケーションデリバリのインフラ、ソフトウェア定義が可能である必要がある。HPEのハードウェアインフラはソフトウェア定義の世界で好位置につけている。

 高性能コンピューティングのノード、ミッションクリティカルのノード、それぞれユニークな要件を持つが、クラウドの土台になる仮想化されたノードはさらにソフトウェア定義が進む。ここでハイパーコンバージドの「HPE Synergy」はユニークな製品であり、重要な役割を果たす。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]