松岡功の一言もの申す

“基幹システムのクラウド化”を推進--MSとSAPのパートナー戦略

松岡功 2017年02月09日 12時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトが先ごろ発表した「SAP HANA on Azure」は、パートナー企業との連携が普及拡大の決め手になる。その陣頭指揮を執る同社幹部に、この動きの手応えを聞いた。

幹部も驚いたSAP HANA on Azureパートナーの用意周到ぶり

 「正直なところ、発表時にこれだけの名だたる企業にパートナーとして賛同いただき、しかもそれぞれにサービスメニューまできっちりと用意されたことに驚いた」

佐藤久
取材に応じる日本マイクロソフトの佐藤久 業務執行役員クラウド&エンタープライズビジネス本部長

 こう語るのは、日本マイクロソフトの佐藤久 業務執行役員クラウド&エンタープライズビジネス本部長だ。同氏はSAP HANA on Azureの日本での事業を推進する責任者である

 日本マイクロソフトは1月16日、同社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」の国内データセンターにおいて、企業の基幹システムへの対応を強化したインフラ環境の提供を開始するとともに、独SAPのインメモリプラットフォーム「SAP HANA」に対応したソフトウェアをそのインフラ環境で利用できるようにしたと発表した。いわばSAP HANA on Azureの提供開始である。

 佐藤氏は発表会見で、SAP HANA on Azureについて「HANAのワークロードに最適化されたインフラ環境を整備したことで、Azureは基幹システムにさらに幅広くできるようになった」と説明した。これがSAP HANA on Azureの最大のポイントである。

 日本マイクロソフトではこのSAP HANA on Azureの提供開始に際し、11社のパートナー企業がSAPの最新版ERP「S4/HANA」を中心とした基幹システムをAzure上で稼働検証し、それを踏まえたシステムインテグレーションやコンサルティングサービスのメニューを提供開始することも発表した。

(出典:日本マイクロソフトの資料)
「SAP HANA on Azure」パートナーとサービスメニュー(出典:日本マイクロソフトの資料)

 日本マイクロソフトにとっては、これらパートナー企業との連携が、SAP HANA on Azureの普及拡大の決め手になるといっても過言ではない。その11社のパートナー企業の顔ぶれとサービス内容について、今回の取材で佐藤氏が開口一番に語ったのが、冒頭のコメントである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算