マイクロソフトの「Cortana」、メール内容からリマインダを提案する機能がリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-02-10 10:08

 Microsoftは、「Cortana」が電子メールの内容を基にリマインダを提案するという新機能を米国で提供開始する。同社はこの機能を2016年1月に発表していた。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftは2016年、Cortanaが先回りしてリマインダを提案できるようにすることで、リマインダ機能をよりスマートにする計画を示していた。具体的には、(ユーザーが許可した場合)Cortanaがユーザーの送信する電子メールに基づいて、リマインダを見直したり、新しいリマインダを提案したりできるようにすると述べていた。

 Microsoftは機械学習技術を利用して、時間の約束(「今日中にこのブログ記事を書き上げます」など)を伴う電子メール内の記述を識別している。Cortanaは、その記述に基づいてリマインダを設定したいかどうかをユーザーに先回りして尋ねてくる。

 Microsoftは米国時間2月9日、Cortanaのリマインダ提案機能を米国で「Windows 10」向けに提供開始すると述べた。「iOS」および「Android」は、「今後数週間のうちに」サポートするという。この機能は現在、「Outlook.com」と「Office 365」の企業および教育機関向けメールアドレスに対応しているが、その他の一般向けメールサービスも「近いうちに」サポートするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]