編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」

Dockerを使ったIT基盤構築 - (page 3)

古賀政純(日本ヒューレットパッカード)

2017-03-02 07:00

 一方、開発部門は、アプリケーションの要件ごとに様々なOS環境が必要になる場合があります。例えば、CentOSで動くサーバ用のアプリケーションや、Ubuntu(ウブンツ)と呼ばれるLinux OSで稼働可能な開発用のアプリケーションなどの同時利用が必要になることもあります。アプリケーションの種類によって、利用できるLinux OSのバージョンが異なることも多く、アプリケーションの種類やバージョンの数だけ開発環境を利用したいというニーズも少なくありません。

 そのようなアプリケーション開発のための複数のOS環境と開発ツールを用意する手間は、IT部門がDockerfileを使って事前にビルドした開発環境を含むDockerイメージによって大幅に削減できます。また、Docker環境では、開発用のソフトウェアを含んだ様々なOSバージョンの雛形がDockerイメージとしてインターネット経由で簡単に入手することができ、すぐにコンテナとして稼働させることができます。

 さらに、開発者は、アプリケーションの開発において、修正を加えるたびに、新しいDockerイメージを複数保管できます。これにより、開発用のさまざまなOS環境をDockerコンテナとして切り替えてテストすることも可能です。このため、開発者は、本業ではないOSのインストール作業といった煩雑な作業から開放され、アプリケーションの開発に専念する時間を増やすことができ、結果的に開発期間の短縮につながるのです。

開発部門の開発者にとってのメリット
開発部門の開発者にとってのメリット

 ITシステムの開発手法においては、前世紀から広く行われているウォーターフォールモデル型開発から、開発者とIT運用管理部門が協力しながら開発と実装を行う「DevOps」(Development and Operations)と呼ばれる手法が浸透してきています。特に、Dockerにおいて、アプリ開発者があまり好まない「ITインフラ配備」の大幅な省力化が可能となる点は見逃せません。

 アプリ開発者にとってITインフラの配備、すなわち、物理サーバの調達から、OSのインストール、ミドルウェア環境設定などは、自身のアプリ開発の工数を切迫するため、あまりやりたくありません。しかし、Docker環境があれば、Dockerコミュニティがインターネット上で公開しているOS環境のひな形と開発環境がセットになったDockerイメージをダウンロードし、すぐに稼働させることができます。

 本番のサーバ環境だけでなく、開発者の手元にある1つのOS環境の上で、さまざまな種類のLinux OS環境を試すことができます。DockerfileによるDockerイメージ作成の自動化技術によって、OS環境と開発した独自のアプリケーションを簡単にパッケージ化できます。開発環境から本番環境への適用も非常に容易に実施できるのです。

古賀政純
日本ヒューレットパッカード オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト
兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年よりUNIXサーバのSE及びスーパーコンピュータの並列計算プログラミング講師、SIを経験。2006年、米国ヒューレットパッカードからLinux技術の伝道師として「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。プリセールスMVPを4度受賞。現在は、日本ヒューレットパッカードにて、Linux、FreeBSD、Hadoop、Dockerなどのサーバ基盤のプリセールスSE、文書執筆を担当。Red Hat Certified Virtualization Administrator、Novell Certified Linux Professional、Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack、Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoopなどの技術者認定資格を保有。著書に「Docker実践ガイド」「OpenStack 実践ガイド」「CentOS 7実践ガイド」「Ubuntu Server実践入門」などがある。趣味はレーシングカートとビリヤード。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]