IBM、Watsonを活用したセキュリティソリューションを提供

NO BUDGET 2017年02月17日 08時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは2月14日、「Watson for Cyber Security」の提供を発表した。Cognitive SOC(セキュリティオペレーションセンター)のために設計された拡張知能テクノロジ。新しいCognitive SOCのプラットフォームに統合され、エンドポイント、ネットワーク、ユーザー、クラウド全体への脅威に対応する。

 Watsonのサイバーセキュリティに関する洞察を活用するツールは、同社でも初めてのもので、Avnet、University of New Brunswick、Sopra Steriaなど40の組織で既に利用されている。

 IBM Cognitive SOCのプラットフォームは、IBMのQRadarセキュリティインテリジェンスプラットフォームを経由してセキュリティアナリストの調査や修復作業を支援する。セキュリティに関するブログ、ウェブサイト、研究論文やその他の情報源をWatsonの自然言語処理機能で処理しており、QRadarで得た脅威情報やセキュリティインシデントデータを相互に関連付けて、これまで数週間、数日かかっていた調査を数分に短縮できるとしている。

 IBMリサーチによると、世界各地のセキュリティチームは、1日あたり平均20万件を超えるセキュリティイベントを精査し、その結果、誤検出に対する調査のため、年間2万時間以上を使っているという。IBMでは、コグニティブツールを使っているセキュリティ専門家は、現在はわずか7%だが、この割合は今後2〜3年で3倍になると予想されるとしている。

 また、Cognitive SOCの機能をエンドポイントに拡張するため、新たなエンドポイント検出・応答(EDR: Endpoin detection and response)ソリューションである「IBM BigFix Detect」も発表された。このソリューションは、絶えず変化するエンドポイントの脅威の状況を把握しながら、悪意のある行為の検出と修復のギャップを埋めるもの。単一のプラットフォームを通じてエンドポイント全体で脅威を可視化、理解、対応できるようになり、エンドポイントに的を絞った修復を数分で実施できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算