編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトが強調--MongoDB狙うランサムウェア対策にAzureDocumentDB

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-20 10:37

 Microsoftは米国時間2月16日、同社の「Microsoft Azure」ブログに「#MongoDBユーザーの方々へ、#Azure #DocumentDBはみなさんを歓迎します」という表題の投稿を掲載した。

 このブログ投稿は、セキュリティ対策が万全ではない状態の「MongoDB」データベースに対する最近のランサムウェア攻撃によって影響を受けた、および/あるいは不安を感じたMongoDB開発者に訴えかけるものだ。

 1月に、貧弱な設定のままで運用されていた2万7000台を超えるMongoDBサーバがサイバー攻撃を受けてデータを消去され、復元にかかる費用を要求される事件があった。

 今回のブログ投稿(筆者はThe Registerの記事で気が付いた)では、Microsoftが「Azure DocumentDB」をセキュアにするために講じている対策が列挙されている。これには、アクセス制御や認証をデフォルトで有効化していることも含まれている。また同社は、DocumentDBがMongoDBのプロトコルをサポートしているため、開発者はアプリの書き換えをせずとも、MongoDB向けアプリのデータストアとしてDocumentDBを利用できる点をアピールしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]