編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

世界景気に回復色--日本株に出遅れ感

ZDNet Japan Staff

2017-02-20 11:37

今日のポイント

  1. 世界景気に回復色強まる。米国および中国が世界景気をけん引。世界的に株高進む中、円高への警戒から日経平均の上値重い。日本の企業業績は好調なので、日経平均はボックスを抜け、2万円台を目指すと予想
  2. 2017年前半は株高継続を予想。年後半は世界の政治リスク・円高リスク顕在化で調整を警戒

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

NYダウの最高値更新続く中、日経平均は上値重い

 日経平均にやや膠着色が出ている。強材料と弱材料ががっぷり4つに組み合っている印象だ。景気・企業業績が良くなってきていることが日経平均の下値を支え、トランプ・リスク、円高リスクが上値を抑える展開が続いている。

日経平均週足:2016年1月4日~2017年2月17日

(注:楽天証券マーケットスピードより窪田氏作成)
(注:楽天証券マーケットスピードより窪田氏作成)

 一方、NYダウは最高値更新が続いている。米景気・企業業績回復の勢いが増しつつあること、トランプ大統領が大型減税実施を示唆していることが、追い風となっている。

NYダウ週足:2016年1月4日~2017年2月17日

(注:楽天証券マーケットスピードより窪田氏作成)
(注:楽天証券マーケットスピードより窪田氏作成)

 米国株だけでなく、欧州・新興国株も上昇基調が続いている。日本株に出遅れ感がある。日経平均はいずれボックスを上へ抜けて、2万円台をつける局面があると予想されている。

日本の企業業績回復モメンタム(勢い)が増している

 10~12月に円安が進んだことが業績に追い風だが、円安だけで業績回復色が強まっているわけではない。米国および中国が世界景気の回復を牽引し、それが、日本の企業業績にも恩恵をもたらしている。2017年の前半は、日本の企業業績の回復のモメンタムが強まり、政治不安があっても、株高が続くと予想されている。

 発表が終わったばかりの10~12月期決算は、予想以上に好調だった。今期(2017年3月期)の東証1部上場企業の純利益は、約10%増加する見通しだ。続く来期(2018年3月期)も、さらに約9%増益する見込みだ。10~12月期に円安が進んだ恩恵に加え、米国および中国の景気が回復している恩恵を受けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]