編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立、VDIのコンサルや導入運用のサービスを提供--HorizonやAirWatchを活用

NO BUDGET

2017-02-21 12:09

 日立製作所は、「仮想ワークスペース トータルソリューション」の提供を2月16日から開始した。価格は個別見積もり。

 クライアント端末を仮想化する際に必要なコンサルティング、仮想デスクトップ環境(VDI)基盤の導入運用などのサービスをワンストップで提供する。「クライアントインフラ・グランドデザイン コンサルティングサービス」と「統合クライアントサービス」、VDI基盤の「マネージドサービス」に分かれる。

サービスの全体像(日立提供)
サービスの全体像(日立提供)

 「クライアントインフラ・グランドデザイン コンサルティングサービス」は、クライアント環境でのセキュリティや運用のポリシー、業務内容を踏まえて顧客ごとの課題を洗い出しから、最適なクライアント環境を提案する。業務ごとのセキュリティ統制と利便性のバランスの検討やWindows 10移行対応なども含まれる。

 「統合クライアントサービス」は、導入や運用の外部委託(BPO)サービス。端末のソフトウェア管理には、VMware AirWatchを利用する。ハードウェア管理では、端末調達から設定、回収まで対応し、端末紛失時には24時間対応でリモートから初期化するサービスも提供する。

 ハードウェア管理の対象となる端末は、Windows 10 Professional搭載の端末、Windows 10 IoT Enterprise搭載のシンクライアント端末。今後、対象ハードウェアを順次拡大していく予定。端末ソフトウェア管理や人員増減などに応じて予備機を調達、運用する予備機調達・運用サービス、オンサイトサービス、開発支援サービスはオプションで提供する。

 VDI基盤の「マネージドサービス」では、同社がすでに提供している「かんたんPrivate DaaS」、統合プラットフォームの「Hitachi Unified Compute PlatformかんたんVDIモデル」が提供される。VDIソフトウェアはVMware Horizonをサポートする。これにより、VDI基盤上での3次元CAD利用や動画編集用途にも対応できるようになる。専用サポート窓口で24時間365日、システムを監視する。

 専用サポート窓口とハードウェア監視は標準提供されるが、統合プラットフォームの利用は、別途サポートサービス契約が必要。サービス監視、パフォーマンス監視については2017年度に提供開始予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]