編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、「Watson」で一次診療を支援--患者の状態を包括的に把握

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-21 11:05

 IBMはコグニティブコンピューティング分野における「IBM Watson」の利用拡大に向け、プライマリケア(一次診療)に従事する医師に対する支援の拡充に力を注ごうとしている。

 米国時間2月19日~23日にかけて開催中の医療情報管理システム学会(HIMSS:Health Information Management Systems Society)のカンファレンス「HIMSS17」においてIBMは20日、プライマリケアや急性期後医療、メンタルヘルス、コミュニティーケア、急性期医療といった医療環境でWatsonを活用し、患者の状態を包括的に把握する計画について説明した。

 現在、ニューヨーク州中央部の6郡で、2000以上のプライマリケアプロバイダーを対象にこの計画が推し進められている。

 一方、マサチューセッツ州に拠点を置くAtrius Healthは、プライマリケアプロバイダー向けの同社の電子医療記録(EMR)ワークフローにIBMのコグニティブコンピューティングツールを埋め込む計画だ。

 Watsonに関するヘルスケア分野のこれらの情報は、HIMSS17の基調講演でIBMの最高経営責任者(CEO)Ginni Rometty氏によって発表された。Rometty氏は、ヘルスケア分野におけるブロックチェーン技術の役割と、Watson関連の最新の状況についても説明した。

 製品という観点から見た場合、IBMはWatson Healthにおけるクラウドの取り組みを「医療保険の携行性と責任に関する法律」(HIPAA)に準拠したサービスとしてのデータプラットフォームと、新たなエディション、新たな地域におけるデータセンターによって拡充していくと述べている。

 IBMの「Watson Platform for Health」は健康関連およびライフサイエンス関連の企業向けとなっており、ヘルスケア業界の企業幹部とデータ科学者の双方を支援する能力を備えている。

 また、HIPAAに対応したモバイルアプリやコンプライアンスツールがサポートされるほか、医師が書いたメモのような非構造化データを取り込むためにWatsonベースのサービスも用意される。

 さらに、同社はヘルスケアプロバイダーによる機械学習やデータ科学、アナリティクスの活用を支援するためにWatson Health Consulting部門を立ち上げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]