編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、VMware環境のハイブリッドクラウド化を促進するパートナー向け施策を発表

國谷武史 (編集部)

2017-02-22 08:37

 IBMは、チャネルパートナーが「VMware Cloud Foundation」およびVMwareベースのクラウドサービスを販売できる施策を導入する。既存のVMware環境のクラウド化を促進するのが狙いだ。

 米国時間2月14日に開催の「IBM PartnerWorld」で発表した施策は、IBMビジネス・パートナーのAvnet、BMSIX、Ingram Micro、Tridatum、Vicomなどの各社が、IBMのクラウド上で動作するサブスクリプション型のVMwareサービスを販売できるようになる。各社は、VMware環境のクラウド化に伴う計画、アーキテクチャ、移行、エンドツーエンド管理を含むサービス一式を顧客企業にワンストップで提供する。

 パートナーおよび顧客企業は、事前構成されたVMwareのソフトウェア・デファインド・データセンター(SDDC)環境を自動的にプロビジョニングできるようになる。SDDCは、ハイパーバイザのvSphereやネットワーキングのvSAN、NSX、SDDC Managerなどで構成される。

 またIBMとVMwareは、企業のハイブリッドクラウド化の促進を目的に新たな戦略的パートナーシップも発表。IBMがVMware vCloud Air Networkサービスを提供する。さらにIBMは、VMwareユーザーのクラウド化支援のために、4000人の「グローバル・サービス・コンサルタント」を動員することも明らかにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]