編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-22 11:27

 Kaspersky Labの最高経営責任者(CEO)Eugene Kaspersky氏は、重要インフラやIoTシステム用デバイスの安全性を確保するためのOS「KasperskyOS」は「Linuxを匂わせるもの」を含まないと述べている。これは、オープンソースOSを中核に持つほかのIoT製品との差別化となる。KasperskyOSは2016年に発表された。

 Kaspersky氏は2016年、KasperskyOSを搭載した「初めて商用提供するマスマーケット向けのハードウェア」として、Kraftway製の最新のレイヤ3スイッチを紹介していた。

 産業制御システム(ICS)とIoTデバイスを保護するためには新しいOSが必要だとKaspersky Labは述べている。同社は、2016年秋に問題となった「Mirai」によるIoTボットネットについて触れ、KasperskyOSを提供する適切なタイミングだとしている。

 KasperskyOSは、ICSスイッチ、ルータ、IPカメラ、IoTコントローラなどのデバイスを構築するためのベースとして使用できる。

 また、しっかりロックダウンされるよう設計されており、プログラムは顧客が定義したセキュリティポリシーに記載された操作を実行するようになっている。セキュリティポリシーは、さまざまなIoTデバイスが悪用され、物理的な損害を生じるのを防ぐことを可能にするためのものだ。

 「すべて一から構築されている」とKaspersky氏は言う。「質問される前に答えるが、Linuxを匂わせるものはない」とし「最初から構築する方がシンプルかつ安全で、全てを正しくできる」と述べている。

 Kaspersky氏によると、KasperskyOSを構築するプロジェクトは約15年前から進められているという。コーディング作業を始めたのは最近とのことだ。

 Kaspersky氏は、OSのマイクロカーネルと内蔵セキュリティシステムも特徴に挙げている。

KasperskyOS
提供:Kaspersky

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]