編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

クアルコムが強化するIoT戦略--断片化に対処するSoC、「Android Things」サポート

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-02-22 10:58

 Qualcommがモノのインターネット(IoT)戦略を強化する。同社は米国時間2月21日、GoogleのIoT向けOS「Android Things」をサポートし、Amazon Web Services(AWS)との連携を進めることを明らかにしたほか、多くの規格を集約するシステムオンチップ(SoC)2製品を発表した。

 「QCA4020」および「QCA4024」という2つのSoCは、Bluetooth Low Energy 5、デュアルバンドWi-Fi、ZigBee、Threadなどの規格に対応する。開発の面で、Qualcommの新システムがデフォルトでサポートするのは、Appleの「HomeKit」、Open Connectivity Foundation(OCF)のIoT標準規格、AWSのIoTソフトウェア開発キット(SDK)、Microsoftの「Azure IoT Device SDK」などだ。

 Qualcommはバルセロナで開催されるMobile World Congress(MWC)で、新しいSoCの概要を説明する。これら2製品のサンプル出荷を2月21日に開始し、2017年下半期に量産開始する予定だ。

 これとは別に、Qualcommは他社に先駆けて、4G LTE対応プロセッサで新たにAndroid Thingsをサポートすると述べた。QualcommがAndroid Things初対応を目指すのは、X5 LTE対応モデムを備えたプロセッサ「Snapdragon 210」だ。同社は、2017年中に予定しているAndroid Thingsのサポートについて、「Google Cloud Platform」にも対応する計画だと述べた。

 これらの取り組みから、Qualcommの意図はすぐにわかるだろう。スイス製アーミーナイフのように、どんなIoT導入にも対応できる万能プロセッサを目指すということだ。現在、スマートホーム、スマートシティ、IoTをめぐる環境が全体として分散化しており、さらなる統合が求められている。そうした状況で、NXP Semiconductorsの買収を通じて事業の多角化を進めているQualcommは、顧客を獲得できる可能性が高いと言えそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]