編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

米景気敏感株を見直し--ブリヂストンはトヨタより有望?

ZDNet Japan Staff

2017-02-22 12:50

今日のポイント

  1. 米景気の回復色が強まっているので米景気敏感株に注目。自動車とタイヤは典型的な米景気敏感株だが、長期投資の対象としてはタイヤ株の方が有望と判断
  2. ブリヂストンは好配当利回りの安定成長株として注目できるが、今期は原料の天然ゴム市況急騰の影響で増益率が低い

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

タイヤ・自動車株の主要6社株価バリュエーション:2月21日時点

タイヤ・自動車株の主要6社株価バリュエーション:2月21日時点
(注:最小投資金額は、最小投資単位100株購入に必要な金額。楽天証券経済研究所が作成)

トヨタ自動車よりブリヂストンの方が魅力的と考える理由

 米景気に回復色が強まっているが、トランプ大統領は、ここから大型減税や公共投資による景気刺激策を実施する方針だ。もし公約通りの大型景気刺激策を実施すると、米景気が短期的に過熱するリスクもある。

 米国株は、米景気改善を素直に好感し、上昇が続いている。このような環境下、日本株でも米景気敏感株(米好不況の影響が大きい日本企業)の業績、株価に上昇期待が高まっている。具体的には、自動車やタイヤ、電機、機械などで米国向けの輸出比率や米国での事業比率が高い会社が注目される。

 今回は、自動車とタイヤの代表銘柄であるトヨタ自動車とブリヂストンの投資魅力を比較する。両社とも、2017年度は米景気好調の恩恵を受けて業績回復が期待される。両社とも、2月21日終値で評価した予想配当利回りは3.1%あり、好配当利回り株として評価できる。

 ただし、長期投資の対象として、窪田氏は、トヨタよりブリヂストンの方が良いと判断しているという。自動車よりタイヤの方がディフェンシブ(業績が安定的)と考えられるからだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]