編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

シトリックスが新クラウド基盤--Windows 10のVDI向け新サービスも - (page 3)

末岡洋子

2017-02-24 16:28

 今後Citrix Cloudへの移行を促すことになるが、一般提供を記念して6月末まで2種類のプロモーションも展開する。1つ目の「Starter Pack」は100ユーザー分を50%で提供するもので、2つ目の「Transition&Trade-Up」は既存ライセンスユーザー向けに新規サブスクリプション購入の最大70%価格を抑え、2年間のハイブリッド運用が可能という。

Stanimira Koleva
アジアパシフィック・ジャパンセールス&サービス担当バイスプレジデントのStanimira Koleva氏。「顧客が技術をコンシュームする方法はクラウドになった」と述べた

 竹内氏はこのほか、既存製品の最新情報として間もなく発表予定の「XenApp&XenDesktop 7.13」をはじめ、「Xen Server 7.1」などについても触れた。XenApp&XenDesktopは1月に買収したUnideskのアプリケーションレイヤリング技術、アダプティブトランスポート、60%低減も可能という帯域使用の効率化など、多数の機能が盛り込まれるという。

青葉雅和氏
リージョナル バイスプレジデント カントリーマネージャーの青葉雅和氏。「IBM、Cisco、Brocadeとネットワーク畑をやってきた。(Citrixでは)ちょっと違う世界に来ていると感じる。新しいチャレンジにエキサイティングしている」とコメントした。

 日本での営業優先策について話したアジアパシフィック・ジャパンセールス&サービス担当バイスプレジデントのStanimira Koleva氏は、ワークスペース、ネットワーキング、クラウドの3分野についてのビジネス環境やチャンスについて話した。例えばワークスペースでは「働き方改革に対して機運が高まっている」として、この分野でのリーダー的地位を維持できるなどと述べた。

 20日にカントリーマネージャーに就任してまだ3日目という青葉氏は、「これまではポイントプロダクトを提供してきたが、今後は新しい製品を顧客にトータルソリューションとして提供する」と、クラウドファーストにあたり、これまでとアプローチを変えていくことを示した。それを実現するため、営業も金融サービス・保険、製造、公共・社会基盤などと業界別に編成し、顧客の”ペインポイント”(困っていること)に対するソリューション提供を行っていくという。

 また、注力の1つにあげたパートナーでは、これまであまりリーチしていないSMBに対しても共同で提供できると展望した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]