編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」
海外コメンタリー

バックアップとリカバリに新しいアプローチを--Rubrikの技術エバンジェリストに聞く - (page 3)

Colin Barker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-03-03 06:30

 当社のデータの保管技術や、ファイルシステムからデータを取り出す技術は、非常にユニークなものです。これに関しては、多くの知的財産を持っています。そして、これは当社の豊富な人材によるものです。当社のファイルシステムを作った中心的な技術者(共同創業者兼エンジニアリング担当バイスプレジデントのArvind Jain氏)は、Googleの第2世代ファイルシステムである「Colossus」を書いた人物です。彼は10万ノードで使用できるファイルシステムの書き方を知っており、それを3ノードから使い始められるように作りました。

--Rubrikがこれほど速く成長している理由は?

 ストレージ市場の顧客は、長い間正当に扱われていませんでした。最後に起こった大きなイノベーションはバックアップと重複排除に関する技術で、これは2006年のことです。バックアップのターゲットを増やすための新バージョンをリリースしてきたことを除けば、長い間その場しのぎのアーキテクチャが使われ続けてきました。

--これらの技術はクラウドとも相性がよいのですか。

 導入が進んでいる理由の1つは、当社の技術がシンプルで、バックアップとリカバリに関する問題を解決するからです。しかし、多くの人が当社のクラウド規模でのデータ管理のビジョンを買ってくれています。われわれがこれを「クラウドデータ管理」と呼んでいるのは、それが理由です。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]