編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日経平均の上値重い--小型株・内需株の物色続く見込み

ZDNet Japan Staff

2017-02-27 11:44

今日のポイント

  1. 3月の米利上げが難しいとの見方が広がり、米金利が低下。つれてドル安(円高)が進み、日経平均は上値が重くなっている。米利上げが遠のいたとの見方からNYダウは11営業日連続で最高値更新
  2. 今週は、日経平均の上値重い中、小型株・内需株の物色が続くと予想

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均は下値堅いが上値重い

 3月の米利上げの可能性が減ったと考えられ、ドル金利が低下した。ドル金利低下を受け、円高(ドル安)が進んだ。

 日経平均は、企業業績に回復期待が強まっているものの、円高圧力がなくならないことを嫌気し、上値が重い展開だ。一方、NYダウは11営業日連続で最高値を更新した。米景気に回復期待が強まる中、米利上げが遠のいたと解釈されたことが米国株に強材料となっている。

日経平均はボックス圏推移:週足2016年1月4日~2017年2月24日

日経平均はボックス圏推移

NYダウは11営業日連続で最高値:週足2016年1月4日~2017年2月24日

(注:楽天証券マーケットスピードより作成)
(注:楽天証券マーケットスピードより作成)

ドル金利の低下受け、ドル安(円高)進む

トランプラリーで急騰した米長期金利は足元低下:ドル10・5・2年金利2016年1月1日~2017年2月24日

(注:ブルームバーグより作成)
(注:ブルームバーグより作成)

ドル金利低下受け、ドル安(円高)圧力残る:ドル円2016年10月1日~2017年2月24日

(注:楽天証券マーケットスピードより作成)
(注:楽天証券マーケットスピードより作成)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]