日本株展望

よみがえるか? インバウンド関連株 - (page 2)

ZDNet Japan Staff 2017年02月28日 13時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インバウンドバブル復活は見込めないが、インバウンド見直しはあり得る

 2014~15年のインバウンドバブル復活は見込めない。具体的には、中国人観光客が中国に帰ってから転売する目的で高額品を大量に買い込む「爆買い」の復活は見込めない。

 ただし、訪日観光客数の増加により、外国人によるサービス消費や自ら使用する目的で購入する日用品の購入は、これからも増えると考えられまる。

 インバウンド消費では、百貨店での高額品や宝飾品の購入は本格的な回復は期待薄だ。ただし、化粧品や食料品、OTC医薬品の購入、ホテルや新幹線の利用は引き続き拡大が見込まれる。

ジャパンホテルリート投資法人に注目

 業績好調が続くジャパンホテルリート投資法人(8985)に注目したい。東証に上場する上場不動産投資信託(REIT)の1銘柄で他の上場株式と同じように売買が可能だ。

ジャパンホテルリート投資法人の株価推移

ジャパンホテルリート投資法人の株価推移
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 ジャパンホテルリート投資法人は、主に日本の観光ホテルに投資するREITだ。2014~2015年にインバウンド関連株として注目され、株価が上昇した。2016年にインバウンドバブル崩壊を受けて下落した。

 業績は、以下の通り好調が続いており、2月27日の株価8万300円で評価した、予想配当利回りは4.4%と魅力的な水準にある。

ジャパンホテルリート投資法人の経常利益推移:2012年12月期~2016年12月期(実績)と2017年12月期(会社予想)

ジャパンホテルリート投資法人の経常利益推移:2012年12月期~2016年12月期(実績)と2017年12月期(会社予想)
(出所:同社資料より楽天証券経済研究所が作成)

 最低投資金額(1口購入)が8万300円と小口投資が可能だ。10口以上保有すると、6月末に株主優待(宿泊割引券5枚とレストラン割引券5枚)が得られる(2月27日時点で公表されている優待内容)。

 好配当利回りのREITや株は最近、長期金利の上昇を受けてやや軟調だったが、長期の利回り投資対象として魅力的と考えられる。

投資参考銘柄:好配当利回りのREITと株

投資参考銘柄:好配当利回りのREITと株
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算