編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

サイボウズが決算と事業戦略発表--「海外事業への積極投資」 - (page 3)

大河原克行

2017-03-01 09:03

 最注力分野に位置づけているKintoneについては、この1年で1500社以上が新規に採用し、累計では5500社以上に到達した。公式パートナーも276社へと拡大しているという。「Kintoneは前年比80%増となっているが、KintoneによるSIビジネスを行っている周辺パートナーも77%増と成長している。受託開発をしていた企業が、Kintoneを活用したクラウドSIビジネスの拡大により人月計算のビジネスから脱却したり、ウェブサービスの事業にシフトしたり、あるいはこれまでSIビジネスに取り組んだことがない企業が、Kintoneを使ったSIビジネスに参入するといった動きも出ている。日本の古い受託開発の産業に変革を起こしている」などと述べた。

 また、政府主導で推進されている「働き方改革」については、「ついに山が動いた。われわれの事業にとってもプラスになる」とし、「リアルオフィスとバーチャルオフィスのどちらに出勤しても働けるツールを整えることで、働き方を多様化できる。そのためにはグループウェアが必要であり、グループウェア市場の拡大につながる」などとした。

 青野社長は、「サイホヴズは、自ら働き方改革に取り組んでいるが、業績は右肩上がりで推移している。働き方改革と業績拡大が連動していることを示すものである。『働き方を改革しても業績が上がらない』、『それみたことか』と言われたら負け。そう言われないように実績を残していく」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]