「Windows 10」最新プレビュー、ストア以外からのアプリを拒否する選択が可能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-01 11:33

 Microsoftは米国時間2月28日、「Windows 10 Creators Update」の最新テストビルド「Build 15046」を「Fast Ring」のPCテスター向けにリリースした。MicrosoftはWindows 10 Creators Updateのメインストリームユーザーへの提供を4月に開始する予定で、テストは最終段階に入っている。

 Creators UpdateのユーザーはWindowsのストアのアプリのみインストールを許可するオプション、ストア以外からのアプリのインストール時に警告を表示する(ただし、インストールは許可する)オプション、または、あらゆる場所からのアプリのインストールを許可するオプションを選択できるようになる見込み。これはオプトイン機能だ。


提供:Microsoft

 15046では、「Windows Defender Security Center」の新しい通知アイコンも追加されており、ユーザーは自分の保護状態をより簡単に確認したり、このアプリにアクセスしたりできる。さらに、Microsoftはアプリやファイル、「Microsoft Edge」のウェブサイトをプロアクティブにユーザーに表示するようになった(この機能を利用できるのは、米国のテスターのみ)。これまでは、Edgeのウェブサイトが「Action Center」に表示されるだけだった。この機能の狙いは、ユーザーが「Cortana」で中断した作業をより簡単に再開できるようにすることだ。

 このビルドには、色やアイコンの変更も含まれている。

 いつものように、15046に関するMicrosoftのブログ記事に、この新ビルドに含まれるフィックスや既知の問題の完全なリストが掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]