編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

リバーベッドがSD-WANを機能強化--Azure接続やWAN最適化との連携も

國谷武史 (編集部)

2017-03-02 07:00

 リバーベッドテクノロジーは3月1日、SD-WAN製品群「SteelConnet」の機能強化や新製品を発表した。2016年10月にSteelConnet 2.0を正式発表して以降、約300社で導入検証が行われていることも明らかにした。

 まず機能強化では、Amazon Web Services(AWS)に加えて、Microsoft AzureでもSteelConnetからSD-WANを導入できるようになった。SteelConnetの管理ポータル「SteelConnect Manager」から数クリックの操作をするだけで、インスタンスの立ち上げから拠点間でのSD-WANの展開までが行えるとしている。


Azureに対応した管理ポータル

GUIでAzureのリージョン間でSD-WANを展開した様子が分かる

 新製品は、WAN最適化の「SteelHead」とSteelConnetの機能を1台のアプライアンスで提供する「570-SD」「770-SD」「3070-SD」およびデータセンター向けハイエンドモデルの「SteelConnet SDI-5030」をラインアップに加えた。

 570-SDなど3機種では、SteelHead側が持つ1300種類以上のアプリケーションの識別情報を利用してSteelConnect側でSD-WANを運用する仕組みだ。ディープパケットインスペクション(DPI)やSSL/TSL通信などセキュリティ機能も備える。同社は、筐体1つで両機能を利用することによる省スペース性や低コストなどのメリットを提供できるとした。


SD-WAN機能とWAN最適化機能を1台のアプライアンスで提供する

 SDI-5030は、10Gbps以上のネットワークを有するデータセンター向けモデルと位置付けられている。1筐体あたり5GbsのIPSecをサポートしており、n+1による最大6台での冗長構成が可能、最大25GbpsのIPSecに対応する。既存のネットワーク構成を大きく変更することなく導入できるのが特徴という。


データセンター向けもラインアップに追加された

 記者会見した技術本部長の草薙伸氏によると、SteelConnet 2.0の発表以降に同社のSD-WANを検証する企業は約300社、1600件以上に達しているとのこと。草薙氏が紹介したケースでは、製造行の438拠点や医療系の900拠点、流通の1045拠点といった多拠点を抱える企業での取り組みが目立つ。草薙氏は、「ソフトウェア技術でWANを柔軟に構築、運用することによるコストメリットやスピードがユーザーに受け入れられている」と話した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]