編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Azure Stack」の最終テクニカルプレビュー版がリリース--一般提供は2017年半ば

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-02 10:51

 Microsoftは米国時間3月1日、同社のハイブリッドクラウド運用プラットフォーム「Microsoft Azure Stack」の最終テクニカルプレビュー版を同日付けでダウンロード可能にしたと発表した。

 テクニカルプレビュー版として3番目となる「Azure Stack Technical Preview 3(TP3)」では、2016年にリリースされていた「Azure Stack Technical Preview 2(TP2)」で利用可能になっていた機能に加えて、インフラやセキュリティ、接続まわりが強化されている。

 今回新たに追加された機能には、オフライン環境において「Active Directoryフェデレーションサービス」(ADFS)を用いて配備を実施する機能や、「Azure Virtual Machine Scale Sets」(仮想マシンスケールセット)のサポート、「Microsoft Azure」のDシリーズ仮想マシン(VM)のサポート、「Azure Marketplace」からAzure Stackへのコンテンツ連携機能が含まれている。

 Azure Stackは、特定サーバ機上での稼働を念頭に置いて開発されたアプライアンスだ。Azure Stackによって、Azureパブリッククラウドプラットフォーム上で稼働するさまざまなものを、顧客自身の、あるいは顧客のパートナー企業のオンプレミスデータセンターで稼働させられるようになる。

 同社が1日に述べたところによると、TP3のリリース後「ほどなくして」、サーバレスなコンピュートサービスである「Azure Functions」や、仮想マシン拡張のための連携機能、マルチテナントのサポートをAzure Stackに追加する予定だという。またその後、ブロックチェーンや「Cloud Foundry」、「Apache Mesos」のテンプレートワークロードも同様に追加する予定だという。

 1日付けの発表では、Dell EMCやHewlett Packard Enterprise(HPE)、LenovoのAzure Stackが2017年半ばまでに発注可能になることも明らかにされた。また、Cisco Systemsの「Cisco Unified Computing System」(Cisco UCS)は少し遅れて利用可能になるという。Ciscoは、2017年第3四半期か第4四半期を目標にしていることを最近明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]