編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ANA、データ入力の負荷軽減にSAP対応のUI改善技術を採用

NO BUDGET

2017-03-03 12:54

 全日本空輸(ANA)が「機体生産管理システム」で利用するSAPシステムのユーザーインターフェースを改善し、データ入力の負荷を大幅削減した。NTTデータ エンタープライズ・アプリケーション・サービス(NTTデータ EAS)が2月28日に発表した。

 この取り組みでは、米Synactiveの「Liquid UI」を導入。SynactiveはSAPのUIカスタマイズ製品を提供する。Liquid UIは、SAP ERP モジュールのUIを最適化するための製品だ。カスタマイズ作業はANAシステムズとNTTデータ EASが担当した。

 

 機体生産管理システムは、整備士への作業指示、技術部門の技術要求データ管理、訓練管理部門の訓練・審査の計画などで2000人以上が利用する。SAPで構築されているが、従来は複雑な画面を複数切り替えながらデータを入力してきた。同システムに入力されるデータは、航空機の運行に影響する場合があり、常に慎重な入力が要求されることが担当者の重荷になっていた。

 今回の改善では、プッシュボタンの選択機能を加え、各詳細画面へナビゲーションできるメニューを準備した。また、初期値の設定、入力による他項目値の自動連携機能などを実装、複数のタブ統合、トランザクション画面の統合、ポップアップ画面の最小化を行い、画面遷移の軽減を図った。さらに、複数画面連携の場合の事前データ整合性チェック機能も実装している。

 このプロジェクトは、SAPシステム自体に大幅な改修を加えることなく、7カ月間で完了。2016年11月30日から稼働している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]