編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日本株で割安な業種と銘柄--PEGレシオで探る

ZDNet Japan Staff

2017-03-03 13:17

今日のポイント

  1. トランプ米大統領による議会演説は無難に終了。財政出動の詳細は今月中の予算教書発表待ちに。イベント通過と米債券金利上昇で、ドル円も日経平均も反発の動き。
  2. 「利益成長(業績回復)期待を加味した割安度」を比較するための指標として「PEGレシオ」(予想PER÷利益成長率)に注目。東証17業種別の割安感を比較検討してみた。
  3. 個別銘柄は、TOPIX100指数構成銘柄(東証時価総額上位100社)をPEGレシオで分析。業績回復が見込まれる電機、市況関連、自動車株などが割安銘柄として浮上している。

 これら3点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

(1)米大統領の議会演説を無難に消化

 為替相場や株式市場が警戒していたトランプ米大統領による議会演説(2月28日)は、想定された範囲の内容で無事通過した。「分断された米国をひとつにしたい」との意欲をみせるなど、「意外に大統領らしい落ち着いたスピーチだった」との評価も多く、市場に安堵感を広める結果ともなった。期待された財政政策を巡る発言は、「大規模な法人減税」や「1兆ドルのインフラ投資を議会に提案する」と述べるに留まり、税制改革などの詳細は今月中に見込まれる「予算教書」の発表待ちとなりそうだ。一方、米景気指標が堅調で、米債利回りが反転上昇の兆しを見せており、ドル円には底入れ感が出ている。目先は、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長による講演(3日)、米雇用統計発表(10日)、FOMC(連邦公開市場委員会、14-15日)、オランダ総選挙(15日)などの結果や行方を見極める動きが想定される。高値警戒感が燻る米国株の反落リスクには要注意だが、ドル円の戻り基調に合わせ、日経平均は徐々に下値を切り上げる展開を見込んでいる。


<図表1:米ダウ平均、日経平均、ドル円の推移> (出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年3月2日))

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]