編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

デジタル化の遅れに強い危機感--JUASがCIOの意識を調査

ZDNet Japan Staff

2017-03-06 07:00

 ビジネスのデジタル化が注目される昨今、日本企業の最高情報責任者(CIO)らは取り組みが遅れている状況に危機感を抱いていることが、日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の調査で判明した。メディアで取り上げられる一方で、ユーザー企業に関する情報があまり無いとの意見も出ている。

 JUASが3月1日に公表した「デジタル化の進展に対する意識調査」(速報値)は、会員企業のCIOやIT部門長など208人の意見を、JUASが野村総合研究所の協力で取りまとめた。4月に正式なデータや分析結果をまとめたダイジェスト版を報告するとしている。

 まず、デジタル化の進行が既存ビジネスに破壊的な影響をもたらすか、という質問では「その通りだと思う」(35.1%)や「ある程度そう思う」(38.9%)との回答が大半を占め、一過性のブームと捉えている回答者はわずかだった。欧米企業と比べた日本の対応状況では、「圧倒的に遅れている」(39.4%)や「多少遅れている」(50.0%)と、9割近い回答者が日本の遅れぶりを挙げている。


デジタル化の影響意識(出典:JUAS)

欧米との比較(出典:JUAS)

 デジタル化が自社のビジネスに与える影響の度合いについては、「破壊的な影響をもたらす可能性がある」が24.0%、「ある程度は影響する可能性がある」が70.7%だった。また59.4%の回答者は、デジタル化の進展で新たな競合が業界の外から出現すると答えた。

 他社と比べたデジタル化への取り組み状況は、「あまり進んでいない」「かなり遅れている」が65.9%に上る。一方、「かなり進んでいる」「ある程度進んでいる」は27.4%だった。

 デジタル化の影響を大きく受けるもの(複数回答)では、多い順に「商品・サービス形態」(70.2%)、「ワークスタイル」(66.8%)、「意思決定」(61.1%)、「顧客接点対応」(58.7%)が挙げられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]