編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アイネットのクラウド基盤でユニリタの運用自動化やETLが利用可能に

NO BUDGET

2017-03-06 13:16

 アイネットとユニリタは、クラウド市場開拓に向け協業と技術提携体制を構築したと3月2日に発表した。

 協業の第1弾として、ユニリタは自社のミドルウェア製品であるシステム運用自動化ソフト「A-AUTO」とETLソフト「Waha! Transformer」の機能をアイネットのマネージドクラウドサービス「Dream Cloud」の中核となる基盤「Next Generation EASY Cloud(NGEC)」上でユーザー企業に提供する。提供される機能はオンプレミス版と同等のもの。

 NGECは、ヴイエムウェアが提唱する“SDDC(Software-Defined Data Center)”アーキテクチャを採用しており、パブリッククラウドやオンプレミスなどの複数の環境やマルチデータセンターに対応する。ミッションクリティカルなシステムにも対応可能で、システム移行や運用管理コスト削減の大幅な向上、データセンター間でのITリソースのモビリティ機能の向上などを可能にする。

 両社は今後、技術の相互補完と連携体制をさらに強化し、ミドルウェアやITインフラを総合的にユーザー企業に提供していく。また、アイネットは NGECでさまざまなパートナー企業のミドルウェアやアプリケーションを順次稼働させていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]