編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

IBMとセールスフォース、AI活用で戦略的提携を発表--「Watson」と「Einstein」を連携

ZDNet Japan Staff

2017-03-07 12:04

 IBMとSalesforceは米国時間3月6日、AI分野での戦略的提携を発表した。両社のAI技術「IBM Watson」と「Salesforce Einstein」をシームレスに連携するもので、まったく新しいレベルのインテリジェントな顧客エンゲージメントを実現する。

 この提携によって、Watsonからの新たな洞察を「Salesforce Intelligent Customer Success Platform」にもたらし、WatsonのさまざまなデータとSalesforce Einsteinが生成する顧客データからの洞察を組み合わせることを可能にする。

 まず、IBM Watson APIをSalesforceに統合することで、企業内外の非構造化データからの予測的洞察をもたらし、Salesforce Einsteinによって提供される顧客データからの予測的洞察と組み合わせて、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどでより優れた素早い意思決定を実現する。例として、小売りは地域の顧客の購買パターン、天気、小売り業界のデータといったWatsonからの情報と、Salesforce Einsteinの顧客固有の購買データを組み合わせることで、高度にパーソナライズされたキャンペーンメールを顧客に自動で送ることができるとしている。

 IBMの会長でプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務めるGinni Rometty氏は、「数年もすれば、すべての主要な決定は、私的なものもビジネスでも、AIとコグニティブ技術の助けを借りて行われることになるだろう」とコメントしている。

 また、IBM傘下のThe Weather Companyが、アプリマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」の新しいLightningコンポーネントを強化する。これにより、例えば保険会社は、IBM Weatherからの地域の天気予報をSalesforceと組み合わせ、悪天候の影響を受けるリスクのある顧客に安全やポリシー情報を自動で送ることができるという。

 さらに、「IBM Application Integration Suite for Salesforce」を提供する。顧客はオンプレミスにある業務データとクラウドにあるデータを組み合わせることができ、Salesforce Intelligent Customer Success Platformで直接データを利用可能になるという。

 またサービスでも協業し、IBMが2016年に買収したクラウドコンサルティングのBluewolfが、IBM WatsonとSalesforce Einsteinを組み合わせた機能を顧客が高速に導入できるよう支援する部隊を用意する。

 IBMはさらに、社内で「Salesforce Service Cloud」を導入することも明らかにした。

 IBM WatsonとSalesforce Einsteinの統合は2017年後半に実現する。IBM Weather Lightningコンポーネントも2017年後半となり、IBM Application Integration Suite for Salesforceは3月末に提供を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]