編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
海外コメンタリー

「Windows 10 Creators Update」リリース迫る--気になる変更点をまとめてチェック - (page 2)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-03-08 06:30

 Creators Updateでは、目に見えないところでセキュリティの仕組みに関する歓迎すべき変更が数多く加えられるほか、ようやく、ユーザーが特に許可しない限り、ほとんどのFlashコンテンツをブロックするようになる。

Creators Update以降、Microsoft EdgeではほとんどのFlashコンテンツがデフォルトでブロックされる
このアップデート以降、Microsoft Edgeでは、ほとんどのFlashコンテンツがデフォルトでブロックされる。

 しかし多くの人にとって気になるのは、Edgeのユーザーインターフェースに加えられたいくつかの大きな変更だろう。まず、タブのプレビューバー機能が追加され、探しているタブを見つけやすくなっている。また、タブ列の左端に追加された2つのボタンで、一時的に現在表示されているタブ列をまとめて閉じておき(そしてメモリを解放し)、後でまとめて取り出すという操作が可能になる。

 Microsoft Edgeの拡張機能は、2016年の「Anniversary Update」でサポートされたが、今のところ「Windows Store」で入手できるのは20ほどで、そのうち6つはMicrosoft製だ。限られた選択肢の中には、人気の高いものもある。例えばパスワードマネージャの「LastPass」や「RoboForm」と、少なくとも4つの広告ブロッカーは、かなりのヒットになっている。

 Microsoftは、次期リリースで「Microsoft Edge拡張機能のエコシステムとプラットフォーム」を拡大すると説明している。最近投稿されたブログ記事によれば、Creators UpdateのEdgeで拡張機能を開発する開発者は、「お気に入りや、PC間のローミングデータへのアクセス、インストールされているほかのアプリケーションと安全に通信する機能」を含むさらなるAPIが利用できるようになるという。また、「Microsoft Edge Extension Toolkit」もアップデートされ、他のブラウザの拡張機能を移植しやすくなる。

新しくなったデバイスセットアップオプション

 個人的には、デバイスの追加に新しい統一インターフェースを導入した、名も無き英雄に拍手を送りたい。これまでデバイスを追加するためのインターフェースは、Bluetooth、Miracast、その他の方法など、種類によってバラバラだった。これらは今回、「設定」の「デバイス」という項目の下というあるべき場所に収められる。


新しくなった新規デバイスの追加インターフェースは、複数のデバイスタイプに対応している。

ユーザー体験の改善

 今回のアップデートには、Windowsのユーザー体験に対するいくつかの小さな修正が含まれている。劇的な変更は1つもなく、ユーザーが困るような変更はまったくない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]