編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
海外コメンタリー

「Windows 10 Creators Update」リリース迫る--気になる変更点をまとめてチェック - (page 4)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-03-08 06:30

その他

 改善点をすべて挙げていけば、まだ数ページはかかってしまう。

 このバージョンではディスプレイ関係の機能が改善され、高DPIのノートPCに大画面の外部ディスプレイを接続した場合のスケーリングの調整処理が改善されている。とは言え必ずしも完璧ではなく、調整を行う際は、おそらく1度サインアウトしてサインインし直したいと思うかもしれない。

 また、「Night Light」機能が追加された。この機能は、他のプラットフォームでは別の名前で呼ばれている(たとえばiOSでは「Night Shift」)。この機能はディスプレイのブルーライトを減らすように設計されており、理論上は、夜中にコンピュータを使っても睡眠が阻害されにくくなるはずだ。


Night Light機能を使えば、深夜にコンピュータ利用をする際にブルーライトをカットできる。

 Night Lightの実装で優れているのは、住んでいる場所に応じて日の出の時間と日の入りの時間を把握し、自動的に適応する点だ。

 またこのリリースには、電子書籍を閲覧できる機能が内蔵される。技術的に言えば、この機能はMicrosoft Edgeの一部だ。ただし、まだ荒削りなところが残っている。


Microsoft Edgeには、EPUBフォーマットで出版された電子書籍を読む機能が組み込まれている。

 現在サポートされているのはEPUB標準フォーマット(DRMありとなしの両方)で、ストアには新たに「Books」というカテゴリが設けられる。電子書籍リーダーには音声読み上げオプションも用意されている。

 「Hyper-V」にもさまざまな新機能が追加されており、これには多くの手順が必要なウィザードを使わずに、数クリックで仮想マシンを作成できる「Quick Create」ダイアログボックスが含まれる。

 そして最後に、Cortanaも進化を続けており、多くの変更が加えられる。例えば、Cortanaはアクセシビリティ面で支援が必要なユーザーのセットアップ作業を手助けできるようになった。また、「中断したところから始める」機能も開発が続けられている。

 多くの優れた変更内容が並んでいるが、全体として見れば、あまり劇的な変更には感じられない。多くの追加機能は歓迎すべき改善に感じられるし、もし読者がユーザーの移行を支援する立場なら、今回の機能アップデートでは比較的容易に作業できるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]