編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

AMD、32コア次世代CPU「Naples」でサーバ回帰へ--インテルへの優位示す

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-08 12:51

 先週、デスクトップ向けハイエンドプロセッサ「Ryzen」を発売したAMDが、今度はデータセンター向けプロセッサ「Naples」の概要を発表した。

 Naplesは、AMDがサーバ市場向けに開発する次世代32コアSoCのコードネーム。今回公表されたベンチマークは、再びIntelを劣勢に追いやる内容になっている。

 Naplesの概要は次の通りだ。

  • 拡張性に優れた32コアSoCで、1コアあたり2スレッドをサポート。
  • メモリコントローラは8chで、メモリ帯域は業界最高クラス。2ソケットサーバでは、16チャンネルのDDR4メモリを最大32枚サポート可能で、最大メモリ容量は4Tバイト。
  • 128レーンのPCI Express 3.0をサポートする高速I/Oコントローラが内蔵されており、別のチップセットを必要としない。
  • ハイパフォーマンスで電力効率の高いコンピューティング向けに最適化されたキャッシュ構造を持つ。
  • 2ソケットシステムでのNaplesプロセッサ間通信には、AMDのコヒーレントバス「Infinity Fabric」を使用。
  • 専用のセキュリティハードウェアを採用。

 AMDのZenマイクロアーキテクチャをベースにしたNaplesは、現代的なワークロードを処理するデータセンター向けの、バランスの取れたアーキテクチャを目指して設計されている。

 その設計がターゲットとしているのは、Intelが提供する最速の2ソケットサーバ製品である「Xeon E5-2699A V4」だ。Xeon E5-2699A V4はBroadwellマイクロアーキテクチャベースの22コア14nmプロセッサで、価格は5000ドル前後となっている。


AMD Naples
提供:AMD

 AMDが目指すのは、Intelの最上位プロセッサよりも大きなメモリ容量、多くのコア、高速な帯域、多くのI/Oを利用できるサーバ向けプロセッサだ。


AMD Naples
提供:AMD

 では、NaplesのパフォーマンスはXeon E5-2699A V4と比べてどの程度優れているのだろうか。

 AMDが公表したベンチマークによれば、44コアのデュアルプロセッサで、メモリクロックを1866MHzに設定した構成(Xeon E5-2699A V4デュアルコア構成のサーバと同じ条件)を使用し、耐震解析などで使用される計算モデルで10億件のサンプルを読み出して計算する処理を10回繰り返したところ、Intelのプロセッサの半分強の時間(18秒対35秒)で処理を終えることができたという。

 またNaplesの性能をフルに発揮できる構成(64コアを使用しメモリクロックは2400MHzに設定)では、処理は2.5倍高速だった(14秒対35秒)。

 しかし、Naplesが真の力を発揮したのは、サンプル数を40億件に増やしたケースだった。メモリ容量が大きいため(Naplesの最大メモリ容量がプロセッサあたり2.048Tバイトなのに対し、IntelのXeon E5-2699A V4はプロセッサ当たり1.54Tバイト)、Naplesではこのワークロードを1分以内に処理できたが、Intelのシステムではメモリ不足でデータセットを読み込むことができなかった。

 AMDはNaplesをデュアルソケット以上の構成で提供する予定はないとしている。

 Naplesはバスの帯域が大きいことから、AMDの機械学習向け高性能GPU「Radeon Instinct」との相性がよく、AMDによれば、Naplesと4枚のRadeon Instinctを組み合わせれば、人間1人の脳に匹敵するコンピューティング能力が得られるという。


AMD NaplesとRadeon Instinctの組み合わせ
提供:AMD

 Naplesは2017年第2四半期に出荷開始予定で、OEMやチャネルパートナーを通じた本格出荷は2017年後半になる見込みだ。価格に関する情報はまだ発表されていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]