編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

シスコ、ハイパーコンバージドインフラを強化--オールフラッシュに対応

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-08 11:30

 Cisco Systemsは米国時間3月7日、同社のハイパーコンバージドインフラ製品である「Cisco HyperFlex System」の統合機能をさらに強化するとともに、次世代テクノロジのサポートを追加していくと発表した。

 今回の発表に先立つ2月、Ciscoの最高経営責任者(CEO)Chuck Robbins氏は2017会計年度第2四半期決算報告で、HyperFlexの立ち上がりが緩やかである点に触れ、以下のように述べていた。

 「ハイパーコンバージド製品について述べると、もう少し迅速に市場に浸透していってほしいと思っている。最近、一部の機能を支援するソフトウェアをリリースしており、この分野でさらに機能を追加するいくつかのソフトウェアのリリースも予定している」(Robbins氏)

 これらの新機能については、今回の発表で概要が説明されている。それによると、2016年にローンチされて以来、1100社の新規顧客を獲得しているHyperFlexは、ハイパーコンバージドクラスタ向けの分散ファイルシステムである同社の「HX Data Platform」と統合されているという。

 HyperFlexの最新リリースでは、大容量のオールフラッシュノードに対するサポートと、40Gbpsの「Cisco Unified Computing System」(Cisco UCS)ファブリックネットワーキングに対するサポートも実現される。またプラットフォームの管理は、アナリティクス機能と、スタンドアロンのHTML5インターフェースを搭載した「HyperFlex Connect」によって行われる。

 その他の特長については以下の通りだ。

  • アプリケーションと保存データ(data at rest)を保護するためのネイティブなレプリケーション機能
  • ハイブリッドクラウドの配備に向けた「Cisco ONE Enterprise Cloud Suite(ECS)」の「Cisco CloudCenter」(旧称:「CliQr」)との統合
  • IaaSに向けたオーケストレーション機能

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]