編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Apache Struts 2に脆弱性報告--既に攻撃発生も

ZDNet Japan Staff

2017-03-08 17:21

 JavaのウェブアプリケーションフレームワークのApache Struts 2で深刻な脆弱性が報告された。既に脆弱性悪用攻撃が発生しているとみられ、情報処理推進機構(IPA)などが注意喚起している。

 IPAによると、Apache Struts 2.3.5から2.3.31および同2.5から2.5.10のバージョンには、「Jakarta Multipart parser」のファイルアップロード処理に起因して、リモートから任意のコードが実行される恐れのある脆弱性が見つかった。

 既に開発元のApache Software Foundationが脆弱性を修正した最新版のApache Struts 2.3.32および2.3.32をリリース済み。最新版の適用が対策となる。

 IPAによれば、この脆弱性を悪用する攻撃コードや、攻撃コードを用いたと想定される通信などが確認されているとのこと。また、NTTセキュリティ・ジャパンはTwitterを通じて、「36.45.172 [ドット] 93」のIPアドレスから多数の組織に攻撃が行われていると報告。脆弱性を悪用されれば、容易にサーバへ侵入されてしまうと注意を呼び掛けた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]