編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Firefox 52.0」がリリース--WebAssemblyをサポート、セキュリティも強化

Steve Ranger (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2017-03-09 11:24

 Mozillaが、複雑なアプリをこれまでよりはるかに速くブラウザ上で動かせるとうたう「Firefox」の最新バージョンをリリースした。

Firefoxのロゴ

 最新版の「Firefox 52.0」では、新しいバイナリフォーマット「WebAssembly」のサポートが追加された。これにより「ゲームやアプリでネイティブに近いパフォーマンス」が実現するという。

 Mozillaによれば、複雑すぎてこれまではブラウザ上の動作が困難だったアプリケーションが、WebAssemblyを使うことでより快適に動かせるようになるという。こうしたアプリケーションには、3Dビデオゲーム、CAD、動画や画像の編集、サイエンティフィックビジュアライゼーションなどが含まれる。また、開発者がWebAssemblyを使用して、既存のウェブアプリの多くを高速化できるとしている。

 WebAssemblyを使えば、開発者はJavaScript以外の言語で書かれたコードを移植してウェブブラウザ内で実行できるようになる。また、ブラウザ内でのコンパイルおよび実行がはるかに速い低水準言語でのコード作成も可能になる。これにより開発者は、動画再生処理などの多くのリソースを消費するプロセスを独立したプロセスとして実行するウェブアプリを作成し、既存のアプローチと比べてさらに高速化することができる。

 そのほかにも、Firefox 52.0では、ブラウザによる「キャプティブポータル」の判別を簡略化し、一部のWi-Fiスポットへのログインを簡単にする機能が追加された。キャプティブポータルは、ホテルのWi-Fiサービスのログインページなどで利用されている仕組みだ。具体的には、キャプティブポータルを自動的に判別し、インターネットへのアクセスにログインが必要な場合にはそのことをユーザーに通知してくれるという。

 セキュリティ面では、HTTPSを使用していないページでユーザーがユーザー名やパスワードの入力欄を選択すると、「この接続は安全ではありません」というメッセージが表示されるようになった。

 また、「Netscape Plugin API」(NPAPI)を使用する「Flash」以外のプラグインがすべて無効にされた。「Silverlight、Java、Acrobatなどが使用できなくなる」とFirefoxはリリースノートで説明している。Mozillaはまた、2017年内に「Firefoxをさらに改善」し、ユーザーが承認した場合にのみ、Flashを使ったコンテンツが起動されるようにするとの意向を示している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]