編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグルが初の取り組み--広告サービスとGCPを直接接続

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-10 13:20

 Googleは米国時間3月9日、アナリティクスとデータベース関連の新しい製品を発表した。

 第1に、同社のデータ分析サービス「BigQuery」のための新しいデータ転送サービスが導入される。これを利用すると、Googleの広告関連サービス(「Adwords」、「DoubleClick Campaign Manager」、「Double Click for Publishers」、「Youtube Analytics」)のデータを自動的にBigQueryに転送できる。

 これは「Google Cloud Platform」とGoogleの各種広告サービスを直接統合する最初の試みだ。「Google Cloud」のCloud Platform担当バイスプレジデントBrian Stevens氏は、米サンフランシスコで開催された同社の年次イベント「Google Cloud Next」で3月10日に行った基調講演で、この機能は「マーケティングチームが簡単に能力を拡大し、GCP内でマーケティングアナリティクスの仕組みを構築できる」ものだと述べている。

 この機能は、広告サービスの既存顧客にクラウドサービスを売り込むための、説得力のある仕組みになり得る。

 Googleはまた、BigQueryで商用データセットを利用できるプログラムを提供する。このプログラムを利用すると、顧客は著名な商用データプロバイダからBigQueryに簡単にデータを転送できる。今回の発表で公表された現時点でのパートナーには、金融市場データを提供するXignite、住宅用不動産の価格情報を提供するHouseCanary、住宅販売の予想情報を提供するRemine、気象データを提供するAccuWeather、ニュースを提供するDow Jonesが挙げられている。

 さらにGoogleは、BigQueryを低遅延の高パフォーマンスデータベース「Cloud BigTable」と統合する。Cloud BigTableは金融データなどの変化が速いデータの処理に使われている一方、BigQueryは一般に対話的なアナリティクスに使われている。今回の統合によって、すでにBigTableに蓄えられているデータから、BigQueryを使ってすばやく知見を得られるようになる。

 また同社は、「Cloud Dataprep」と呼ばれる新たな製品をリリースする。これは、分析や機械学習に利用するためにデータの前処理を行うためのサーバレスデータ準備ツールだ。

 Stevens氏によれば、このツールはストリーミングデータアナリティクスのパイプラインを構築するためのものだという。

 さらに、「Cloud SQL」で「PostgreSQL」をサポートすることも発表された。Cloud SQLはフルマネージドサービスであり、今回の施策によってGoogle Cloud Platform上でのPostgreSQLのセットアップ、保守、管理が容易になる。「Cloud SQL for PostgreSQL」は、Google Cloud Consoleで2017年3月13日から利用できるようになる予定だ。

Cloud Dataprep
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]