編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

フォークリフトでIoTの効果を実証----鳥取県の菊水フォージングが着手

NO BUDGET

2017-03-13 07:00

 鍛工品製造の菊水フォージング(鳥取県米子市)が、工場内のフォークリフトにセンサーデバイスを装着したIoTに関する実証を3月8日に開始した。

 この実験は、鳥取県が「戦略産業雇用創造プロジェクト」の一環として採用されたもの。実験には、富士通の「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」(以下、ユビキタスウェア)が利用され、菊水フォージングの工場で効果検証を実施する。


菊水フォージングの工場内の様子

 鳥取県は、プロジェクトを2013年に開始し、2016年度から医療機器、自動車、航空機やICT分野を含む複数の産業を柱とした産業構造への転換に取り組む。

 実験で採用されたのは、ユビキタスウェアの検証用セット「パイロットパック」で、環境準備から検証までワンパッケージでトライアルができるようにしたもの。今回は、工場内のフォークリフトにセンサーデバイスを装着し、効率的な稼働方法などを検討していく。その際、富士通のIoTデータ活用基盤 「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」やセンサーアルゴリズム、データ可視化アプリケーションを活用する。システム設計や機器の設置、技術相談については、富士通が対応する。


ユビキタスウェアの活用イメージ

 今回の実証では、位置情報、転倒、転落などを把握するために使う「ロケーションバッジ」と呼ばれるセンサーデバイスが5個、位置確認に必要となるビーコン18個が提供される。また、通信ゲートウェイとしてスマートフォン「FUJITSU Smartphone ARROWS M305/KA4」5台が提供される。

 鳥取県は、IoTに関心を持ちながら導入に踏み切れない県内企業に対し、パイロットパックによる効果検証してもらうことで、IoTの普及促進や生産性向上を図りたいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]