編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

日経平均先物6月限を見る時の注意点

ZDNet Japan Staff

2017-03-13 11:41

今日のポイント

  1. 3月10日のCME日経平均先物(6月限)は1万9445円で、同日の日経平均終値1万9604円よりも、159円低い水準だった。これは、日経平均の先安感を表すものではない。ほぼ理論値通りに値がついているだけである。
  2. 3月本決算の権利付き最終売買日(3月28日)まで、日経平均先物(6月限)は、日経平均よりも常に約130円低い水準で推移する。権利落ち日(3月29日)以降は、日経平均先物(6月限)は日経平均とほぼ同じ値で推移する。

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均先物6月限の理論値は3月28日まで、日経平均より約130円低い

 最初に、結論を述べる。以下の結論(1)、結論(2)だけ頭に入れていただければ、後半の説明はやや難解だが、全部わからなくても問題ない。

<結論(1)>日経平均先物6月限の理論値は、3月28日までは、日経平均(現物)の値を約130円下回る。その間、先物6月限が日経平均より130円低い水準にあっても、それは、先安感を表しているのではない。理論値通りに値がついているだけである。

<結論(2)>日経平均先物6月限の理論値は、3月29日以降は、日経平均(現物)とほぼ同値となる。3月29日以降は、先物6月限と日経平均は、ほぼ同じ価格で取引されることになる。

 先週の木曜日(3月9日)は、日経平均先物3月限の最終売買日だった。日経平均先物(3月限)は、10日の朝に決まる特別清算値(SQ値)によって清算され、消滅する。3月10日は、もう3月限を売買することはできない。

 代わりに、活発に売買されるのが、日経平均先物(6月限)だ。6月限は、6月8日まで活発に売買され、9日の朝方に決まるSQ値で清算される。

 日経平均先物3月限は、ほぼ日経平均(現物)と同値で推移していた。ところが、6月限は、日経平均(現物)よりも理論値が約130円低いので、通常は130円低い値がつく。3月限が消滅して、6月限を見るようになると、日経平均より低い値がついているので、「先安感を表している?」と勘違いする人がいる。

 6月限の理論値は、日経平均より約130円低く、したがって、低い値がついて当たり前なのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]