ビジネスでのチャットボット活用ニーズが拡大、パーソナルエージェントに進化

NO BUDGET 2017年03月16日 12時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)が3月9日に発表した2021年までの「ITロードマップ」によると、今後は「チャットボット」が大きく進展するという。

 ITロードマップは、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が2021年までにどのように進展し実用化されるかを予測したもの。

 重要なものとしてチャットボットのほかに「人工知能(AI)」「仮想現実(VR)/拡張現実(AR)」「ペイメント 2.0」「APIエコノミー 2.0」「FinTech」「デジタルマネーマネジメント」「デジタルロジスティクス」「プログラマティックマーケティング」。セキュリティでは「マルウェア対策」「DevSecOps」の2つを取り上げている。

チャットボット関連ロードマップ(NRI提供)
チャットボット関連ロードマップ(NRI提供)

 チャットボットは、対話形式のインターフェースで人間の代わりにコミュニケーションを自動で行ってくれるプログラム。2016年には、LINEやFacebookなどのチャットプラットフォームがチャットボット向けAPIを公開している。

 今後は、2018年度にかけて、チャットボットを利用して、商品販売などで必要な決済サービスなどがチャットプラットフォームからAPIとして提供され始めるという。顧客からの問い合わせ対応など、質問内容が事前に想定できる用途では、成功事例が数多く生まれると予想している。

 2019~2020年度には、関連サービスが多数登場、チャットプラットフォームとの融合が進む。個人の属性情報など利用したチャットボットサービスは一層発展するという。

 複数のチャットプラットフォームに対応した“乗り入れ”が一般化し、Facebookなどのチャットプラットフォーム提供企業が中心となり、チャットボット間のAPIの標準化も検討され始める。そして、2021年度以降は、チャットボット同士が連携し、チャットボット間のAPIも標準化されるという。

 そして身の周りのデバイスから公共手続きなども含めてあらゆるサービスでチャットボットが広く利用されるようになり、日常生活から仕事までを総合的に支援する“パーソナルエージェント”へと進化していくと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算