ARMサーバで動く「Windows Server」Q&A--マイクロソフトに聞く - (page 2)

Mary Jo Foley (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-03-15 06:30

--Microsoftが設計したProject Olympusでは、ユーザーはさまざまなサーバ設計を選択できます。使用可能になるものには、Intel Xeon(Skylake)とともにIntelのFPGAやIntel Nervana、そしてAMD Naplesがあります。また、Microsoftは、QualcommおよびCaviumと共同で、「Project Olympus互換のARM64クラウドサーバを発展させる」取り組みを行ってきたと発言しています。これは、Project Olympusのサーバでは、マザーボードでARMプロセッサを使用できることを意味していますか。

 QualcommおよびCaviumによるARM64の設計は、Project Olympusと互換性があります。

--ブログ記事よれば、ARMサーバは検索やインデックス作成、ストレージ、データベース、ビッグデータおよび機械学習関連のワークロードなどの社内クラウドアプリケーションで利用できたと述べられています。これは何らかの理由があって、ARMサーバで実行されているのはこれらのワークロードだけで、他のAzureワークロードはIntel/AMDサーバで実行されているということですか。

 Microsoftは社内データセンターの社内向けクラウドサービスにおけるイノベーションを促進するために、積極的にARMサーバを評価しています。現時点では、これ以上発表できる情報はありません。

--今回の発表に関する、MicrosoftのテクニカルフェローJeffrey Snover氏のツイートで混乱しています。ARM版Windows ServerがMicrosoftの社内利用専用であれば、どうしてこの取り組みが顧客中心的な取り組みだと言えるのでしょうか。(注:Snover氏は3月8日に、Twitterで「Windows Server on ARM CPUs in Azure. Another example of the new customer-centric Microsoft!」(AzureにARM CPUを使ったWindows Server。顧客中心主義になった新しいMicrosoftの例がまた1つ!)と発言した)

 Microsoftのデータセンター内でのイノベーションは、最終的に性能と効率の向上を通じて顧客のメリットにつながります。

 筆者の考えでは、ARMメーカーと協力して取り組みを進めている理由についてのMicrosoftの回答は、基本的に、この取り組みがサーバ用プロセッサ市場を支配しているIntelに対して圧力を加えるものだという考えを裏付けている。

 注意すべきは、2つ目の質問に対するMicrosoftの回答だろう。広報担当者がAzureがWindows Server上で実行されていると述べたことには少し混乱している。なぜなら、Microsoftの担当者はこれまで、(少なくとも筆者に対しては)Windows ServerとAzureは同じものではないと何度も指摘しているからだ。

 筆者は、「AzureはWindows Server上で動作している」という表現は、Windows ServerのコアやOneCoreがAzureの基盤になっているということを簡単に述べているのだと解釈している。Windows ServerはAzureの重要な構成要素であり、Windows ServerがARMで利用できるということは、そのARMベースのハードウェアは、少なくとも潜在的には、いずれデータセンターの本番環境(Azureのデータセンターを含めて)で使用できるようになることを意味している。

記事内容の更新:Microsoftの広報担当者から補足情報が届いた。前述の広報担当者は次のように述べている。

 「Microsoft Azureは『Hyper-V』上で動作しており、これはWindows Serverを購入した顧客が使っているのと同じハイパーバイザです。これは、わが社が世界最大の分散仮想化環境の1つ(注:Azure環境)に対して継続的に投資することで、顧客も常にメリットを得ていることを意味しています。Azureでのデプロイメントを可能にするために使用しているWindows Serverのインストールオプションは、Server Coreインストールです」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]