サイバー犯罪者が別のランサムウェアのコードを盗んで攻撃に利用--Kasperesky Lab

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年03月15日 11時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 悪意あるハッカーの間で普及した攻撃手法であるランサムウェアだが、あるグループが新しい方法を試している。最小の努力で最大の収穫を得るべく、他人からランサムウェアのコードを盗んでいるというのだ。Kaspersky Labのセキュリティ研究者が報告している。

提供:Trend Micro
提供:Trend Micro

 Petyaは、高度な暗号化アルゴリズムを利用して被害者のファイルを暗号化するだけでなく、マスターブートレコードを上書きすることでハードドライブを丸ごと暗号化するという、特に悪質なランサムウェアファミリだ。こうなるとコンピュータはOSの読み込みができなくなる。

 そして、他のランサムウェアと同様に、Petyaは被害者に対し、システムの暗合化を解除する代わりにBitcoinによる身代金の支払いを要求する。

 Petyaは、作成者が収益の一部を得る代わりにユーザーにオンデマンドで提供する「ランサムウェア・アズ・ア・サービス」というモデルで拡散に成功した最初のランサムウェアの1種だ。作成したコードが他者に悪用されないように、Petyaは無許可のサンプルを阻止する仕組みを備えている。

 しかし、「PetrWrap」という新しいマルウェアの作者がPetyaのコードをクラッキングし、これを使ってランサムウェア攻撃を展開しているという。明らかにPetyaの作者に支払っていないとKaspersky Labは記している

 Kaspersky Labによると、PetrWrapは2017年に入って活動が検出されており、Petyaの暗号鍵ではなく、独自の暗号鍵を利用するという。

提供:Kaspersky Lab
提供:Kaspersky Lab

 現時点では、PetrWrapを拡散しているグループの正体や分散の方法は分かっていない。しかし、その存在はアンダーグラウンドのサイバー犯罪者の間で競争意識が高まっていることを示している。誰が支配するのかの覇権争いに神経を注いでいる可能性があるようだ。

 「脅威アクターがお互いを意識し始めたとわれわれは見ている。ランサムウェアのギャング集団の間で競争が起こっている兆候があるというのがわれわれの見解だ」とKaspersky Labのシニアセキュリティ研究者Anton Ivanov氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算