編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

30万円以下で買える3月決算好配当利回り株

ZDNet Japan Staff

2017-03-15 12:09

今日のポイント

  1. 好配当利回り株は、言い換えると不人気の割安株である。人気のない理由がそれぞれある。ただし、そういう不人気の好配当利回り株に投資して、長期的に好パフォーマンスが得られることもある
  2. 好配当利回り株に長期投資する場合、日本を代表する大型株で収益が安定的なものが望ましい

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

地味で割安な好配当利回り株に注目する理由

 株式投資の代表的スタイルは、2つある。1つは成長株投資、もう1つは割安株投資だ。読者の皆様は、どちらのスタイルに近いだろうか?

 窪田氏は、25年の日本株ファンドマネージャー経験がある。投資信託や年金などで常時1000億~2000億円のファンド運用を担当していた。

 窪田氏の運用していたポートフォリオは、割安株を中心に構成されていた。割安株をコアとして長期保有しながら、成長株で短期売買を繰り返しつつ、鞘をかせぐ戦略をとっていた。その方法でベンチマーク(競争相手)である東証株価指数(TOPIX)を大きく上回るパフォーマンスを上げてきた。

 株式投資の初心者は、まず割安株投資から開始した方が良いと思う。好配当利回りの大型株が代表的な割安株であり、最初の投資候補となる。

 小型成長株に投資するのも株式投資の醍醐味であり、トライしてみて良いと思うが、企業内容をよく知っているものから始めるべきだ。小型成長株はいいタイミングで買うと短期的に株価が大きく上がることもあるが、タイミングが悪いと買ってすぐ大きく下がることもあり、売買タイミングが難しいことがある。

割安な成長株はなかなか存在しない

 好配当利回り株の欠点は成長性の低い銘柄が多いことだ。予想配当利回りが3~4%と高い銘柄に成長性が高い銘柄は多くない。業績になんらかの不安があるなど問題を抱えている銘柄に配当利回りが高い銘柄が多いと言える。

 もし、配当利回りが高く、成長性も高い銘柄があれば、成長株好きの投資家も、割安株好きの投資家も、どちらも積極的に投資したいと思うだろう。すると、株価が大きく上昇し、結果として“1株あたり配当金÷株価”で計算される配当利回りは低くなる。

 結果として、人気の成長株は配当利回りが低く、配当利回りの高い株には成長性が低くて人気がない銘柄が多くなる。

投資に適した好配当利回り株を見つける際に気をつけるべきこと

 人気のない好配当利回り株にも、長期的なパフォーマンスが良好な投資銘柄の候補が多数ある。銘柄選択で注意すべきことが3点ある。

(1)収益が安定的な大型株が望ましい

 高い成長性が見込まれなくても問題ないが、なるべく安定的に高収益が見込まれる銘柄が望ましい。一般的に日本を代表する大型株の方が良い。

(2)景気変動の影響を受けにくい業態が望ましい

 景気悪化局面で業績が大幅に悪化して、減配(1株あたり配当金が減らされること)になる可能性が低い銘柄が望ましい。

(3)なるべく多数の好配当利回り株に分散投資する

 特定の好配当利回り株に集中投資すると、その銘柄が減配になって株価が下がる時のダメージが大きい。なるべく多数の好配当利回り株に分散投資した方が良い。そのためには、最小売買金額が小さい好配当利回り株を選んだ方が良い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]