編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

改正個人情報保護法への対応、中小企業で遅れる懸念も

ZDNet Japan Staff

2017-03-16 07:00

 改正個人情報保護法が5月30日に全面施行される。中小企業で対応を終えているのは7.9%にとどまり、春頃までに完了する見通しの企業も59.6%であることが、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)の調査で明るみになった。

 JIPDECが東京と大阪で実施した改正個人情報保護法に関するセミナーの参加企業を対象に行ったアンケートによると、対応済みおよび対応完了の見通しがあるのは全体の約7割に上る。一方、28.7%の企業は対応時期が分からないとした。


改正個人情報保護法への対応見通し(出典:JIPDEC)

 対応内容(複数回答)では、86.4%が従業員教育を挙げ、方針や規定類の作成・見直し、セキュリティ対策の構築、社内管理体制の構築も7割以上が取り組むとした。また情報管理の問題点については、個人情報を5000件以上保有する企業では特に「管理ルールの不徹底」や「人材不足」を挙げられ、中小規模事業者では「規定ルールの不備」が最も多かった。

 改正個人情報保護法では、特に従来は5000件以上の個人情報を保有する企業を対象にしていたが、改正法では全ての企業が対象になる。アンケートでは98.9%が個人情報保護法の改正を認知していたが、改正内容を把握しているのは43.4%にとどまった。

 個人情報保護委員会は3月13日、中小企業での改正個人情報保護法への対応促進を目的に「中小企業サポートページ」を開設し、改正内容の解説やチェックリスト、Q&Aなどの資料を公開している。


個人情報保護委員会が開設した中小企業向けサイト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]