がん検査の新たな選択肢--味の素の「アミノインデックス」誕生の経緯

末岡洋子 怒賀新也 (編集部) 2017年03月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 味の素といえば食品会社のイメージだが、同社は中核であるアミノ酸を利用して、がんのリスクを調べる「アミノインデックス(AICS)」という事業を6年前から進めている。アミノ酸の分析を進めるうちに至ったビジネスで、今後は主事業の食品との相乗効果を高めるような用途への拡大も期待できるという。

 当初からプロジェクトに関わってきた同社アミノサイエンス事業本部 アミノサイエンス統括部 アミノインデックスグループに所属し理学博士の安東敏彦氏に話を聞いた。

味の素のアミノサイエンス事業本部 アミノサイエンス統括部 アミノインデックスグループに所属し理学博士の安東敏彦氏
味の素のアミノサイエンス事業本部 アミノサイエンス統括部 アミノインデックスグループに所属し理学博士の安東敏彦氏

 アミノインデックス(AICS)は、その名から推測できるように、血液中のアミノ酸の濃度を調べることでがんのリスクを評価するサービスだ。

 アミノインデックス誕生の背景には、2000年代前半に進んでいた2方向での研究がある。1つ目は分析系だ。アミノ酸を中核とする味の素では、アミノ酸製品の品質保証の観点から重要となるアミノ酸分析を高速化できないかという研究が進んでいた。

 それまで利用されていた分析はカラムだけで分離分析するというもので、ロックフェラー研究所で1958年に考案された。1検体に要する時間は実に2時間。これを効率化するべく、味の素は分子量の違いで分離する質量分析計の導入や分子量の同じアミノ酸をカラム分離するなどの条件を用いる新しい手法を考案、なんと約7分に短縮することに成功した。

 2つ目は、アミノ酸接種後に体内でアミノ酸がどのように変化しているのかを調べる生理学的研究だ。アミノ酸は体内で別のアミノ酸に変化するという特性を持つことから、全体のアミノ酸のバランスの変化を調べる必要がある。研究チームは、アミノ酸の多変量解析モデルを作成して安全性を評価できないかと調べていた。

 そのうちに、多変量解析モデルが病気の評価に使えるのではないかというアイディアが生まれ、がん、うつ病などのデータを取り始める。中でもがんは有望であり、がん患者のデータと健康な人のデータを比較するようになった。安東氏によると、2008年頃にはがんに特化したバイオマーカーという方向性を確立し、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がんにフォーカスして医療機関の教育を得てエビデンスを構築していったという。その後、膵臓がん、子宮・卵巣がんも追加されることになる。

がん患者は血中のアミノ酸の濃度バランスが健常者と異なる。味の素では多変量解析によるインデックス式をがん種ごとに作成、検査ではそれを利用してAICS値を出す。
がん患者は血中のアミノ酸の濃度バランスが健常者と異なる。味の素では多変量解析によるインデックス式をがん種ごとに作成、検査ではそれを利用してAICS値を出す。

 AICSでは約20種類のアミノ酸について、血液中の濃度のパターンの変化を調べて、がんのリスクを3段階(A/B/C)で評価する。全てのアミノ酸のデータを利用するのではなく、すい臓がんならセリン、アミノレブリン酸、ヒスチジン、トリプトファン、イソロイシン、胃がんならアミノレブリン酸、バリン、ロイシン、ヒスチジン、リシン、と利用するデータは異なる。3段階評価は、臨床アミノ酸研究会の医師が決定した。

 すい臓がんの場合、最もリスクが低いランクA(特異度80%以下)では0.3倍、3478人に1人ががんで、ランクB(特異度80%以上95%以下)は1.3倍(789人中1人)、リスクが最も高いランクC(特異度95%以上)では11.6倍(86人中1人)という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化