インテルがバグ報奨金プログラム開始--MSも「Office Insider」向けに新プログラム

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年03月17日 10時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IntelとMicrosoftが、それぞれ新しいバグ報奨金制度をスタートさせた。深刻度の高い脆弱性に対する報奨金は1万ドルを超える。

 Intelは米国時間3月15日、セキュリティカンファレンス「CanSecWest」で、HackerOneと協力して新しくバグ報奨金制度を設けると発表した。これまで、Microsoft、Facebook、Googleなどの企業が同様の枠組みでバグ報奨金制度を設けているが、Intelがこの種の制度を設けるのは初めてだ。

 同社によれば、発見された脆弱性の緩和が困難であるほど、報奨金の額は大きくなる。

 このプログラムを通じて同社に開示された深刻度の高いIntel製ソフトウェアのバグには最大7500ドル、ファームウェアの脆弱性には最大1万ドル、ハードウェアに存在する脆弱性には最大3万ドルが支払われる。深刻度の評価には、CVSSスコアが用いられるという。

 Intel Security(McAfee)製品、サードパーティー製品、Intelのウェブインフラはこの制度の対象にならない。

 また同日、Microsoftも「Microsoft Office Insider」プログラム向けの新たなバグ報奨金制度を発表した。同社によれば、このプログラムでは完全にパッチが適用された「Windows 10」のデスクトップ上で実行される、Office Insiderスロービルドに発見された脆弱性1件につき、500〜1万5000ドルが支払われる。

 このプログラムは6月15日まで実施される。

 バグ報奨金制度は、セキュリティ研究者に報酬を得る機会を提供するが、企業側にとってもメリットがある。企業にとっては、ゼロデイ脆弱性が修正前に悪用された場合のダメージコントロールに必要な費用(および評判が傷つくことによる金銭的被害)を抑えられる可能性がある。


提供:NopSec

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化