編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

インテルがバグ報奨金プログラム開始--MSも「Office Insider」向けに新プログラム

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-17 10:41

 IntelとMicrosoftが、それぞれ新しいバグ報奨金制度をスタートさせた。深刻度の高い脆弱性に対する報奨金は1万ドルを超える。

 Intelは米国時間3月15日、セキュリティカンファレンス「CanSecWest」で、HackerOneと協力して新しくバグ報奨金制度を設けると発表した。これまで、Microsoft、Facebook、Googleなどの企業が同様の枠組みでバグ報奨金制度を設けているが、Intelがこの種の制度を設けるのは初めてだ。

 同社によれば、発見された脆弱性の緩和が困難であるほど、報奨金の額は大きくなる。

 このプログラムを通じて同社に開示された深刻度の高いIntel製ソフトウェアのバグには最大7500ドル、ファームウェアの脆弱性には最大1万ドル、ハードウェアに存在する脆弱性には最大3万ドルが支払われる。深刻度の評価には、CVSSスコアが用いられるという。

 Intel Security(McAfee)製品、サードパーティー製品、Intelのウェブインフラはこの制度の対象にならない。

 また同日、Microsoftも「Microsoft Office Insider」プログラム向けの新たなバグ報奨金制度を発表した。同社によれば、このプログラムでは完全にパッチが適用された「Windows 10」のデスクトップ上で実行される、Office Insiderスロービルドに発見された脆弱性1件につき、500〜1万5000ドルが支払われる。

 このプログラムは6月15日まで実施される。

 バグ報奨金制度は、セキュリティ研究者に報酬を得る機会を提供するが、企業側にとってもメリットがある。企業にとっては、ゼロデイ脆弱性が修正前に悪用された場合のダメージコントロールに必要な費用(および評判が傷つくことによる金銭的被害)を抑えられる可能性がある。


提供:NopSec

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]