日本株展望

欧米のリスクイベントはアク抜けか

ZDNet Japan Staff 2017年03月17日 11時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のポイント

  1. 欧米市場は、15日に集中した注目イベントの結果が想定された範囲内だったことでやや安堵。オランダ総選挙にも波乱はなく、反欧州連合(EU)を唱える自由党の獲得議席数は伸び悩んだ
  2. 米連邦準備制度理事会(FRB)による追加利上げは「金融引き締め」というより「金融政策の正常化プロセス」と見たい。米景気改善を背景に金利が緩やかに上昇する中、「業績相場」はしばらく続くと見込む
  3. 前回の利上げ局面(2004年6月~2006年6月)でも、当時の「歴史的低水準」だった超低金利から脱する過程では、日米株式が底堅いパフォーマンスを示した経緯がある

 これら3点について楽天証券チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

週央に集中した注目材料の結果に安堵

 欧米の株式市場は、「トリプルウィッチングデー(3人の魔女の日)」とも称された3月15日を乗り越えた感がある。警戒されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)やオランダ総選挙は想定された範囲内の結果に終わり、株式は「イベント通過による安堵感」で上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)は、市場がほぼ織り込んでいた追加利上げを決定したが、FOMCメンバーの金利見通し(平均)に大きな変更がなかったため、米債利回りは低下し、日米金利差拡大観測がやや後退。為替でドル円が弱含んだことが日本株式の重石となっている。

 一方、オランダ総選挙(下院)では、反イスラム・反欧州連合(EU)を標榜する自由党(Wilders党首)の獲得議席数が20議席と伸び悩み、Rutte首相が率いる与党・自由民主党が33議席を獲得しつつある(日本時間16日23時/CNBC報道)。直前の世論調査でも極右勢力である自由党の劣勢は予想されていたが、通貨ユーロはEU残留を主張する与党の勝利を受け堅調となった。4月のフランス大統領選挙を視野に入れた「欧州政治不安」の緩和は、世界株式の下支え要因と考えられる。

図表1:米国金利と日米の株価動向


出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017年3月16日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算